セトリも日替り!JBJ95のLIVEを楽しむための○ヵ条

セトリも日替り!JBJ95のLIVEを楽しむための○ヵ条

JBJ95(左:高田健太 右:キム・サンギュン)「K-POPぴあ」より PHOTO:KIM DAUN(STUDIO DAUN)

12月25日(水)から2度目となるジャパン・ツアーを開催するJBJ95のふたり。デュオとして韓国でデビューしてから1年を経て行うツアーは『JBJ95 2nd CONCERT [CELEBRITY PARTY 2019] in JAPAN』と銘打ち、各会場で異なるテーマや”ドレスコード”があるという。

「ドレスコードがあるからといって派手にする必要はないですよ。ワンポイントでもシンプルにかわいくなります。もちろんキラキラしたのもいいですけど、会場まで来るのに恥ずかしいかなと思って(笑)」(サンギュン)「どこから来たのかわかるような服装とか面白いかもしれないですよね!地元の民族衣装とか、群馬の方だったら[I LOVE群馬]みたいなTシャツとか、『あっ!●●から来たんだ』ってすぐ解るような……つっこみどころ満載の服装で来てくれたら嬉しいです!」(健太)

ファンも全力で一緒に楽しめるのが、JB95ライブ―――そこで、95のライブを楽しむための5ヵ条を訊いてみた。

「まず、“ひとりで来るべし”っていったらおかしいですけど、ひとりで来ても楽しめます!そして“隣の席の人と友達になるべし”」(健太)
「“楽しくなったら一緒に歌う”も。公演を邪魔するくらいの大きな声で(笑)! あと、家に帰るころには皆さんにフレンドシップが生まれてるといいなと思います」(サンギュン)
「僕、いつも言っているんです、『隣の人と握手してください』みたいなコーナー作ろうか、と。SNSのIDを交換させるっていう、嫌でも(笑)。でも、本当にそれで仲良くなったと感謝して頂いたことがあるので間違ってはいないかな、と。あと、“カッコいい!ていっぱい言うこと”!」(健太)
「僕は最近『やばっ』がいいです、(日本語で)“サンちゃん、やばっ”って言ってほしいです」(サンギュン)
「5つになってるのかな?(笑)。それから、お伝えしたいことがあって。公演ごとにテーマがあって、そのテーマに合った曲をやるのでセットリストも毎回違うんです。新曲のステージも楽しみにしていてください」(健太)

公演は、2019年12月25(水)グランキューブ大阪 メインホール、26日(木)名古屋市公会堂、28日(土)大宮ソニックシティ 大ホールにて。チケットぴあにて発売中!

PHOTO:KIM DAUN(STUDIO DAUN)
TEXT:「K-POPぴあ編集部」

関連記事(外部サイト)