渡辺直美、台湾でツアーファイナル!若者たちにエール

渡辺直美、台湾でツアーファイナル!若者たちにエール

(c)KEIICHI NITTA STUDIO『Naomi Watanabe WORLD TOUR』

 渡辺直美の初ワールドツアー「Naomi Watanabe WORLD TOUR」が18日に台湾でツアーファイナルを迎えた。会場には1000人以上のファンが集まり、大盛況のうちに終了した。

 ビヨンセの看板ソングの「Ring The Alarm」をはじめ、「Crazy In Love」、「Baby Boy
」、「Say My Name」、「Get Me Bodied」を立て続けに5曲も披露。ファンと直接触れ合える企画として「マシュマロキャッチ」を披露。ステージ下からマシュマロ、大福、肉まんなどを投げてもらい、キャッチするパフォーマンスも。Lady Gagaの歌では、檀さーが彼女を持ち上げようとするも持ち上がらずに、笑いを誘った。

 台湾メディアも「最初から最後まで大盛り上がり」と絶賛した。ライブでは、計4着の衣装を披露してぽっちゃりスタイルをアピール。来場者の中にも渡辺直美スタイルを真似するファンも多数いた。また、「自分も欠点がたくさんあるし、完璧な人間はいないとある先輩から教えてもらいました。自分の長所を見つけて努力して生かして行くことが大事」と台湾の若者たちにエールを送った。

 男性との出会いに記者に質問されると、「アメリカでは良い出会いがなかったが、台湾の男性にはかなり魅力を感じている。自分は身長が高くて爽やかなイケメンが好きなので、彼氏募集中」と答えた。先日、空港での囲み取材で、通訳を通して知り合った好感度高めな台湾男子も今回の公演を見に来ると話していたが、「二人で会う予定がありますか」という質問に対しては、照れながら「秘密だ」と答えた。

関連記事(外部サイト)