ロックバンド・NICOが活動休止 驚くファン「15年お疲れ様」「天地ガエシがずっと好きで…」

ロックバンド・NICOが活動休止 驚くファン「15年お疲れ様」「天地ガエシがずっと好きで…」

NICO Touches the Walls

 4人組ロックバンドのNICO Touches the Walls(ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ)は15日、公式サイトでバンド活動の終了を発表した。

 2004年に光村龍哉(ボーカル、ギター)、古村大介(ギター)、坂倉心悟(ベース)、対馬祥太郎(ドラム)でバンドを結成。07年にミニアルバム「How are you?」でメジャーデビューを果たした。MBS・TBS系アニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」オープニングテーマ「ホログラム」(09年)や、テレビ東京系アニメ「NARUTO−ナルト− 疾風伝」オープニングテーマ「ニワカ雨ニモ負ケズ」(13年)などで人気を集めた。

 公式サイトは同日、4人のメンバーの名前で「このたび、僕たち4人はNICO Touches the Wallsを終了することにいたしました」と活動終了を伝える文書を掲載。「ミュージシャンとして、そしてそれぞれひとりの人間として、NICO Touches the Wallsという空間を飛び出し、新たな景色を見に行きたい気持ちが強くなりました」と報告した。文書は「さあ。『壁』はなくなった!一度きりの人生、どこまでも行くよ!」とのポジティブなメッセージで結ばれている。

 ツイッターでは、突然の発表にショックを受けた人も多い中、「15年の活動お疲れさまでした!」「これからはそれぞれの道突き進んでください。素敵な音楽をありがとう」と感謝と応援のメッセージが相次いだ。「天地ガエシ(14年のシングル曲)が特にずっっと好きで、歌は大体何回もきいてたら飽きちゃってたんだけど天地ガエシは不思議に本当全く飽きなくて」「高校時代に、THE BUNGY(08年のシングル曲)がすごい好きでギター練習してたな〜」と思い入れのある曲について語るコメントも多かった。

関連記事(外部サイト)