知っておくと映画がより奥深くなる!『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』人物事典(その壱) 空海編

知っておくと映画がより奥深くなる!『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』人物事典(その壱) 空海編

染谷将太が剃髪して、5か月間にわたる中国ロケで空海を好演

公開が迫ってきた日中合作の壮大な歴史ミステリー『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』(2月24日公開)。約1200年前、唐(中国)へ留学した若き修行僧・空海は、唐の歴史を揺るがす大いなる謎解きに挑む。今回はそんな空海について、歴史的視点と劇中のキャラクターとしての視点それぞれから掘り下げたい。

■ 若き日に、遣唐使船で唐へ留学

空海は774年、讃岐国(現在の香川県)生まれ。幼名は眞魚(まお)という。15歳で京に上ると叔父である学者・阿刀大足のもとで学問を習い、18歳で大学に進む。しかし虚空蔵求聞持(インド発祥の記憶術)と出会ったことから彼は大学を中退、各地で修行を重ねる。このころ、彼は出家して僧となり“空海”と名乗るようになった。空海の名は、彼が洞窟で悟りを開いたとき目にした光景が空と海だけであったことに由来すると伝えられている。

804年、空海は留学僧として遣唐使船で唐に渡る。遣唐使は4艘の船で出発したが、途中で嵐に遭遇し2艘が難破したと伝えられている。その激しい航海は、映画でもリアルに描かれている。2年にわたる留学中、空海は青竜寺の高僧・恵果から密教の奥義を伝授され、806年に帰国の途についた。この時、空海は密教のみならず建築、薬学などの当時最新の知識も日本へ持ち帰ったとされる。なお映画では、留学中に起きた怪事件を軸に物語が繰り広げられる。

■ 空海はいまも“生きている”!?

では映画のあと、帰国後の空海はどんな人生を送ったのだろうか?816年、嵯峨天皇より高野山(現在の和歌山県伊都郡高野町)を賜った空海は、高野山金剛峰寺を建立する。さらに823年には東寺(現在の京都市南区)を真言宗の根本道場とした。この2つの寺は現在でも空海に深く所縁のある地として多くの観光客が訪れている。真言宗を開き教えを広めた空海は、835年にこの世を去るが、その最期は“入定”と呼ばれており、現在も高野山奥の院の霊廟で人々のために尽くしているとも言われている。

死後、醍醐天皇より“弘法大師”の名を与えられた空海。“弘法も筆の誤り”と、ことわざに使われたり、空海の足跡をたどり八十八の霊場を巡拝する“お遍路”も高い人気。いまだ空海は私たちの身近なところに息づいている。

■ 映画の空海は“東洋のラングドン教授”

歴史に名を刻む“偉人”だけに、空海と聞き堅苦しいイメージも持つ人もいるだろう。しかし劇中における若き日の空海は、好奇心旺盛で人なつっこく、意外にも行動派な好青年として登場。優れた洞察力と記憶力、豊富な知識で難事件に挑む姿は、僧侶というより名探偵、もしくは『ダ・ヴィンチ・コード』(06)におけるラングドン教授(トム・ハンクス)のような趣だ。

そんな空海を演じているのが『寄生獣』二部作や『海賊とよばれた男』(16)などで活躍の染谷将太。物静かな中に情熱を秘めた佇まい、無駄のない所作、ユーモアのセンスも持ち合わせた知性派と、まさに彼のために用意された役のでは?とさえ思えるハマりぶり。華やかな目抜き通りから人けのない裏路地まで、真相を追い求め大都市・長安を飛び回る空海。その活躍に、誰もが引き込まれるだろう。(Movie Walker・文/トライワークス)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)