宮野真守、小野賢章、悠木碧がアニメ版『スパイダーマン』に参戦決定!

宮野真守、小野賢章、悠木碧がアニメ版『スパイダーマン』に参戦決定!

『スパイダーマン:スパイダーバース』吹替えキャストが決定!

マーベルコミックが生み出したヒーローの中でも屈指の人気を誇るスパイダーマンの、初の劇場用長編アニメーションとして大きな注目を集めている『スパイダーマン:スパイダーバース』(19年3月8日公開)。このたび、本作の日本語吹替版を担当するボイスキャストが発表された。

名門私立校に通う中学生の“スパイダーマン”マイルス・モラレスを主人公にした本作は、何者かによって時空が歪められる大事件の中、異なる次元で活躍する様々なスパイダーマンたちが集結する。まだスパイダーマンとしての力をうまくコントロールすることができないマイルスは、長年スパイダーマンとして活躍するピーター・パーカーの指導のもとで、一人前になるための訓練をはじめることに。

このたび日本語吹替え版声優として発表されたのは3名。新生スパイダーマンのマイルス役に小野賢章、そしてピーター役には宮野真守と、声優界でも先輩・後輩の間柄にある2人が劇中でも師弟関係を演じきる。さらに女性スパイダーマン“スパイダーグウェン”ことグウェン・ステイシー役には悠木碧が就任。マーベル好きとしても知られる彼らが、それぞれの“スパイダーマン”をどのように演じるのか期待は膨らむばかりだ。

昨日6日に発表された第76回ゴールデン・グローブ賞において、並み居る人気作と共にアニメーション映画賞にノミネートされた本作。全米ではすでに批評家から絶大な支持を集めており、アカデミー賞への参戦も噂されているほど。今までとは一味違う、新たなスパイダーマンの誕生を楽しみに待ちたい!

<ボイスキャスト コメント>

●小野賢章(マイルス・モレラス役)

「本当に嬉しかったです。吹き替えでマーベルヒーローになる事が声優としての1つの夢だったので、夢が叶った瞬間でした。マーベルの中でもスパイダーマンが好きなのですが、日本にもスパイダーマンファンが沢山いると思います。そう思うと…嬉しい感情の後は物凄いプレッシャーが押し寄せてきました。(笑)

いつも面白いしカッコいい、僕にとってはお兄さん的存在の宮野さんですが、今回のパーカーを宮野さんがどういう風に演じられているのかとても楽しみにしています。残念ながら一緒に収録できなかったので、宮野さんならこういう風に演じるかな。と想像しながら楽しく収録させていただきました。

親愛なる隣人であるスパイダーマン。茶目っ気たっぷりで、失敗しながらも、いろんな経験をして成長していく姿は、観ていて応援したくなります。今回のスパイダーバースの主人公マイルス君も本当に可愛いです!!!ぜひ、映画館の大スクリーンでご覧ください!!マーベル最高!!!」

●宮野真守(ピーター・パーカー役)

「まさか自分が、あのピーター・パーカーを演じる日が来るなんて思っても見なかったので、すごく驚きましたし、とても光栄です。しかしながら、みなさんのよく知るピーターとは、ちょっと雰囲気が違うかもしれないのです…。そして、今回の僕の役どころは、なんと主人公の少年マイルスの師となるような立ち位置。ついに僕も、こんな大人の役をやるようになったのかと…勝手に感慨深いです(笑)どうぞ皆様、公開をお楽しみに!」

●悠木碧(グウェン・ステイシー役)

「グウェンは、マーベルファン新人者の私でも目にしたことのあるスパイダーウーマンでした。まさか自分が担当できると思っていなかったので、本当に嬉しいです。いつか子供が生まれたら『お母さん、本当はスパイダーグウェンなんだ』と真実を明かしたいと思います。

『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』からちゃんとマーベル作品にハマった新参者です。遡ってシリーズを一気見したあの1ヶ月、どうやったら自分がヒーローになれるか、そしてどうやってアメリカに聖地巡礼しにいく日程を捻出するかばかり考えていました…。グウェンを担当させて頂けた事で、前者は叶ったので、あとはアメリカに行くだけですね。スパイダーマン大好きです。赤と青の全身タイツなのにかっこいいとか反則じゃないですか?はぁ、好き。足首が特に好きです。グウェンはフードがだいぶ好きです」(Movie Walker・文/久保田 和馬)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)