『弱虫ペダル GLORY LINE』、ノンクレジット・エンディングムービーを公開

『弱虫ペダル GLORY LINE』、ノンクレジット・エンディングムービーを公開

画像提供:マイナビニュース

TVアニメ第4期シリーズとして、テレビ東京ほかにて放送中の『弱虫ペダル GLORY LINE (グローリー・ライン)』より、ノンクレジット・エンディング(ED)ムービーが公開された。

EDテーマの「Carry the Hope」は、総北高校のインターハイレギュラーメンバーの6人が"THE HIGH CADENCE (ザ・ハイケイデンス)"というロックバンドを結成したという設定で作られた、第1期第3クール以来のキャラクターソングによるEDテーマとなっている。

ED映像では、小野田坂道(cv. 山下大輝)がリードボーカル、今泉俊輔(cv. 鳥海浩輔)と鳴子章吉(cv. 福島潤)がギター、手嶋純太(cv. 岸尾だいすけ)がキーボード、青八木一(cv. 松岡禎丞)がベース、鏑木一差(cv. 下野紘)がドラムと、それぞれが正統派ロックの楽曲にあわせて歌い、楽器を演奏する様子が描かれている。

なお、2月14日(水)発売のCDには、各キャラクターが歌うソロバージョンが収録される予定で、それぞれのキャラクターの楽器をフィーチャーしたアレンジにも注目したい。各詳細はアニメ公式サイトにて。
○●TVアニメ第4期『弱虫ペダル GLORY LINE』ノンクレジットED「Carry the Hope」/THE HIGH CADENCE

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル04製作委員会

関連記事(外部サイト)