生き地獄!?『NGT48』山口真帆がツイッターでSOSを発信!

【NGT48山口真帆への襲撃事件】山口はツイッターの「いいね」を利用し密かにSOS発信か

記事まとめ

  • NGT48山口真帆への襲撃事件は何も解決しないまま収束に向かいそうな空気が漂っている
  • 山口は1月8日以降ツイッターを更新していないが、実は「いいね」は押し続けているよう
  • 西潟茉莉奈に対する「人生最後の握手会お疲れさまでした」にも「いいね」を押していた

生き地獄!?『NGT48』山口真帆がツイッターでSOSを発信!

生き地獄!?『NGT48』山口真帆がツイッターでSOSを発信!

(C)Elnur / Shutterstock

『嵐 活動休止』というビッグな芸能ニュースもあり、何も解決しないまま収束に向かいそうな空気が漂う『NGT48山口真帆への襲撃事件。運営側は第三者委員会を立ち上げ事件について公表するとしているが、その間に山口が密かに「SOS」を伝え始めた。



山口は1月8日以降ツイッターを更新していないが、実は「いいね」は押し続けており、これがかなりメッセージ性があるという。山口が「いいね」を押しているものを挙げると、


《もし運営側が、関与したメンバーを把握しながら対外的な発表をせず内部での注意にとどめ、あるいは把握しきれないままNGT内に残させたら「報復」が起こり得る。加害者側との接点を完全に断ち切れる保証はない》


《しかしあれだよね、山口真帆は移籍させた方がいいよね。こんなに居心地の悪いグループにいさせるのは生き地獄というか》


《人気があるメンバーだろうが、今回は絶対に処分すべき。人気があっても裏で悪いことしまくる、そんな人たちを誰が応援しますか?》


《『メンバーはこの暴行を理不尽(無作為)なものではく、計画的に山口真帆が狙われた犯行であると知っているんじゃないか』と考えてしまう》


《第三者委員会の委員名は公表するみたいだけど名前なんてどうでもいいです。なぜその人を選んだのか選任理由をはっきりするべき。顧問弁護士からの友人知人紹介されても第三者委員会なんてズブズブでしかないでしょう?》


などといったものだ。


?


「いいね」で訴えたい真実とは

「山口の『いいね』が指し示していることは、やはり運営が何かしら事件を隠蔽している可能性でしょう。また、事件を引き起こしたメンバーが何も処分を受けていないことも読み取れますね」(芸能記者)


山口は『デイリー新潮』が報じた『NGT48「山口真帆」暴行事件、スタッフの“情報統制”に騙されたスポーツ紙』というタイトルの記事にも「いいね」している。


そして中には、


《山口さんが「いいね」をしてる件。きっと今回の第三者委員や2月からの公演再開も含め、会社ぐるみで事実を完全に隠蔽すると確信したんだろうなって。被害者である山口さんにここまでさせてしまう運営を、俺は絶対に許さない》


という一般人のツイートにも「いいね」。つまり、山口本人が「いいね」を使ったSOSを発信していると認めているのだ。


ちなみに「いいね」といえば、山口と仲の良いメンバー・菅原りこが、今回事件に関わったとウワサされているメンバー・西潟茉莉奈に対するアンチコメント「人生最後の握手会お疲れさまでした」に「いいね」を押していた。


メンバーたちは、必死に世間へ“真実”を訴えているのだろうか。


?


【画像】


Elnur / Shutterstock


関連記事(外部サイト)