「ジャスティン・ビーバー婚約」を信用しないセレブ系マスコミ

「ジャスティン・ビーバー婚約」を信用しないセレブ系マスコミ

(C)Majdanski / Shutterstock

カナダ出身のR&Bシンガーソングライターであるジャスティン・ビーバーと、アメリカのモデルのヘイリー・ボールドウィンが婚約したと、7月8日(現地時間)にアメリカのメディアが報じた。



ジャスティンの相手と報じられたヘイリーは、父親に俳優のスティーブン・ボールドウィン、叔父に俳優のアレック・ボールドウィンを持ち、アメリカのアパレルブランド『GUESS』などの広告にも起用されているスーパーモデルだ。昨年5月にはイギリスの男性誌『マキシム』で、2017年の“世界で最もホットな女性”のナンバーワンにも輝いている。


報道によれば、ジャスティンとヘイリーはバハマを旅行中にレストランを訪れ、大勢の客の前で“公開プロポーズ”したという。両者は2014年ごろからデート中の写真が報じられるなど、たびたび交際が囁かれていたが、6月16日にはニューヨークのブルックリンで人目もはばからずキスしているところを写真に撮られ、ここに来て急速に仲を深めていた。


「二人がキスしている写真を見ると、ヘイリーの左手の薬指にダイヤの指輪が光っているのです。このことから、『いよいよ結婚か』との報道が一気に広まりました。またそれと同時に、ヘイリーのインスタグラムから昨年10月に交際を報じられたカナダ出身歌手、ショーン・メンデスとの写真が削除されたのです。削除の理由は明らかにされていませんが、ジャスティンとの関係が影響しているのは間違いないでしょう」(海外セレブ系雑誌記者)


?


海外メディアが気にするジャスティンの元カノの存在

もっとも、ジャスティンがそのまま素直に結婚するとは到底思えないと、一部の海外雑誌記者は語っている。ジャスティンには10代のころから何度も交際してはよりを戻している歌手で女優のセレーナ・ゴメスという存在がいるからだ。


「セレーナとジャスティンはお互いの名前をとって“ジェレーナ”と呼ばれ、運命の相手だとも公言していました。ヘイリーとの婚約報道を受けて『全く気にしてない。ジャスティンへの未練はない』とセレーナの関係者は語っているようですが、過去に何度もグタグタな関係を続けているだけに、今後、どうなるかは分かりません」(同・記者)


ジャスティンの実母のパティ・マレットは、ツイッターに二人の婚約を喜ぶかのような投稿をしている。



Love Love Love Love Love Love Love.


― Pattie Mallette (@pattiemallette) July 7, 2018


https://platform.twitter.com/widgets.js


しかし、毎度お騒がせなジャスティンのこと、果たしてこのまますんなりとゴールのテープを切るかはまだまだ予断を許さないようだ。


?


関連記事(外部サイト)