すでに人間より美しい? 新妖怪人間のビジュアルにネットざわつく

『妖怪人間ベム』の新作アニメ『BEM』ティザーPVに衝撃 「もう人間になれてる」の声

記事まとめ

  • 誕生50周年の『妖怪人間ベム』が、完全新作アニメ『BEM』というタイトルで放送される
  • 声優はベム役を小西克幸、ベラ役をM・A・O、ベロ役を小野賢章が演じる
  • 2011年には日本テレビ系で実写ドラマ化され、亀梨和也、杏、鈴木福が演じ話題になった

すでに人間より美しい? 新妖怪人間のビジュアルにネットざわつく

すでに人間より美しい? 新妖怪人間のビジュアルにネットざわつく

アニメ「BEM」公式(@newbem2019)より

 2018年に初代アニメーションの誕生から50周年をむかえた「妖怪人間ベム」の完全新作アニメーションが「BEM」というタイトルで放送決定。あわせてティザービジュアルとティザーPVが解禁されネット上をざわつかせています。

 「妖怪人間ベム」の第1作は、1968年フジテレビ系列で放送されたアニメ作品で、当時の世相を反映したどことなく不安感をあおるようなホラー色が強い独特の世界観が特徴。その後、2006年に新作アニメ「妖怪人間ベム-HUMANOID MONSTER BEM-」がアニマックスで放送され、2011年には日本テレビ系列で初の実写化ドラマが放送。ベム役を亀梨和也、ベラ役を杏、ベロ役を鈴木福が演じたことでも話題になり、2012年には映画化までされています。また、近年では2018年の50周年を記念して、2017年から妖怪人間のリブートプロジェクトが行われています。第1弾としてDLE制作のショートギャグアニメ「俺たちゃ妖怪人間」、続く第2弾は「俺たちゃ妖怪人間G」が放送されました。

 そしてついに2019年の「BEM」!となるわけですが、「BEM」の妖怪人間のビジュアルを目にして、過去作品と比較してもあまりに美しすぎる姿に筆者は度肝を抜かれてしまいました。妖怪人間といえば、帽子とステッキがトレードマークのリーダーベム。青いシャドーと真っ赤な口紅が印象的なベラ、そしてこどもっぽい見た目ベロの3人組という普段の人間社会で過ごす姿と、悪と戦う異形の姿とのギャップが最大の魅力であり見せ場。実写版のドラマでは確かに亀梨さんや杏さんの整った顔立ちと妖怪人間という設定が相容れるかどうかなど放送当時話題にはなりましたが、ベムのいで立ちやベラのメイクなどの基本のスタイルはアニメ作品から踏襲されたイメージとさほど変化していなかったかと思います。

 今作「BEM」では、真っ赤な惑星をバックにひょろっと背の高いつば広帽子をかぶったダークスーツ姿のベムを中央に、サイドテールの髪と近代的な衣装が印象的な美少女のベラ、そしてヘッドフォンのようなものを身に着けた少年のベロも服装は近代的に見えます。3人ともどこか物憂げな表情に妖怪人間としての悲哀がにじんでいるのでしょうか。

 「BEM」の妖怪人間たちは過去のどの作品とも似ていない「見た目」にネットでも「人間にならなくても大丈夫そうな見た目」「この50年で変身がうまくなった」「もう人間になれてる」といった驚きの声が上がっています。特にベラの印象が変わったことに「この美少女誰?」「若返った」といった声が続々と上がっています。声優はベム役を小西克幸さん、ベラ役をM・A・Oさん、ベロ役を小野賢章さんがそれぞれ演じることが決まっています。

 リメイクなどを重ねて長く愛され続けている作品は、往々にしていつまでも変わらないことと大胆に変化することという相反するふたつの要望を求められることがあるように思います。変わらなければいつかは飽きられてしまうかもしれません。大きく変われば変わったで裏切られたというそしりを受けてしまうこともしばしば見受けられます。50周年といえば半世紀です。「妖怪人間」もそれだけ長く愛されてきた作品だからこその期待を背負っているのでしょう。小西克幸さん、M・A・Oさん、小野賢章さんの声が吹き込まれ命が宿った、ベム、ベラ、ベロの妖怪人間たちが悩んだりときには敵と戦ったりしながらどのような物語を紡ぎだすのか「BEM」の放送がはじまるのが俄然楽しみになってきました。

<出典>
アニメ「BEM」公式Twitter(@newbem2019)
「BEM」ティザーサイト

(山口さゆり)

関連記事(外部サイト)