セクシー女優・妃月るいが週プレ酒場で好奇心と野望を語る!? 「実験的にさせてくれる人がいたらラッキーだなって...」

セクシー女優・妃月るいが週プレ酒場で好奇心と野望を語る!? 「実験的にさせてくれる人がいたらラッキーだなって...」

今回も熟女系レーベル、マドンナの専属セクシー女優・妃月るいママが登場!

昨年6月から新宿・歌舞伎町で営業中の『週プレ酒場』。その中にある完全予約制の『週プレ酒BAR』では日々、豪華女性タレントたちが"日替わりママ"を務めている。

そんな彼女たちと一緒に飲んだり話したりできる、夢のようなバーの雰囲気をお伝えするこのシリーズ。第47回は、"マドンナ"レーベルでセクシー女優として活躍中で、8月27日〜9月1日にバーで行なわれた「マドンナWeek」に出演してくれた妃月(ひづき)るいちゃん!

今回も、酒は一滴も飲めない草食系ライター・Aがバーに向かった......。

* * *

――前回の並木塔子さんに続いて、マドンナWeekにママを務めてくださった妃月さんが登場です! 日替わりママ、いかがでしたか?

妃月 「私にできるかなー......」って不安だったんですけど、チーママ役の店員さんのフォローもあって、ずっと居心地よかったです! 立地もいいし、食べ物もおいしいし、個人的にも今度来たいなって思いました(笑)。バンバンジーと花山椒ソースの唐揚げ、オススメです。

――オススメまでありがとうございます(笑)。バーはどんな話で盛り上がったんですか?

妃月 やっぱり、ファンの皆さんはこういう機会だと"裏話"を求めますよね。「絡みやすい男優さんは誰なの?」みたいな質問に答えることが多かったです! まぁ、その答えは「男優さんと私の、当日のコンディションによる!」なんですけど(笑)。今日しか話さない話ができたと思います! ぶっちゃけトーク、楽しみました。

――楽しんでいただけたならよかったです! では、お酒のほうは?

妃月 飲みましたよー! ビールとシャンパンを3杯ずつくらい。酔っ払ったかっていうと、そうでもないですね(笑)。普段から酔いが顔に出ないタイプなんですけど、そこまで弱いわけでもなくて。ビールとかシャンパンみたいな、自分の身体に合ったお酒ならそれなりに飲めます! でも、逆に蒸留酒系やテキーラは本当にダメで......。

――この連載、毎回皆さんに"お酒での失敗談"を聞いているんですが、それらのお酒で失敗したことは?

妃月 あります、あります。去年、マネージャーの知り合いがやっているお店で、関係者さんたちとの飲み会があったんですけど、「ウェーイ!」って感じでテキーラを10杯以上飲んでたんですよ。そしたら記憶を飛ばしちゃって。

――苦手なのに10杯以上も飲むからですよ!

妃月 まぁ、クイッと飲んじゃえばすぐ終わるものなので(笑)。私、泥酔すると泣き上戸になるみたいなんですけど、その日もやっぱり大泣きしちゃったらしくて。断片的に記憶があるんですけど、トイレの便器にしがみついて「友達がいない(号泣)」って言ってました。友達、多くはないけど、いるはずなのに。

――支離滅裂になってるじゃないですか! 便器抱いてるし(笑)

妃月 友達にも失礼ですよね......。あとは、大学時代の合コンでも同じような失敗してます。人数の関係で仕方なしに参加した人生唯一の合コンだったんですけど、焼酎をめっちゃ飲んだらしくて。また気づいたら便器にしがみついて泣いてました!

――えぇと......便器を抱いて泣くのは、癖なんですか(笑)

妃月 なんなんですかね(笑)? 別に学生時代に"便所飯"してたとかではないのに。でも今は本当に"飲めるお酒"だけって決めてます。

――そうですね、とりあえず便器を抱かないためにテキーラと蒸留酒はやめておいたほうがいいと思います(笑)。......ところで、この連載では毎回、ママに"酒の場での男の振る舞い方"や"理想の男性像"についてもお聞きしています。妃月さんとしては、「酒好きな男」と「飲めない男」なら、どちらが好きですか?

妃月 どっちでもいいというか、酒が飲めるかそうでないかは好き嫌いに関係ないんですけど、理想をいえば「一度お酒で失敗して反省した人」がいいです! よくいるじゃないですか、酔っ払ってスマホとか財布とかなくしても、まだ飲み続ける人とか、朝方、ゴミ捨て場で寝てる人とか。「こんなベタな光景、ある??」っていつも思うんですけど(笑)。

――「ゴミ捨て場で寝ている男」、たしかにたまに見ますね。マンガみたいに潰れてる人。

妃月 ですよね(笑)? でも、一度失敗したことで、それを「二度と起こさない」ってちゃんと悔い改めた人が、一番ちゃんとお酒を楽しめるはずだと思うので、一度失敗していることって大事だなって。......まぁ、一緒に飲めたら楽しいですけど、ダメな人でも「俺は飲まないけど、飲みなよ」って、お酒の場を楽しんで付き合ってくれたらうれしいです。そこにコンプレックスは感じなくていいと思います。

――個人的な話ですが、僕は完全に下戸なので、最後のひと言に救われる思いです(笑)。男性に求める条件って、ほかにはいかがですか?

妃月 「好奇心を満たしてくれる人」がいいです。私、とにかく好奇心旺盛なんですよ。だからこの仕事をやっているんです。

――女優を始めるきっかけが「好奇心旺盛だったから」ですか?

妃月 そうです。もともと、小学生の頃から男性向けエロも好きで。本当はダメなんですけどネットで検索して、「勃起ってどう読むの?」「獣姦ってなんだ?」みたいな感じで性知識を増やしてたんですよ。

――獣姦は完全に間違った性知識ですけど......(笑)。

妃月 まぁ(笑)、そうやって知識ばっかり増やしていって、大学生になるまで全然遊んでこなかったんですよ。で、当時6年くらい付き合っていた彼氏と別れたときに、「頭でっかちなままじゃダメだ。実践しないと!」「っていうか、遊び方を知りたい」って思って。歌舞伎町のホテルとハプニングバーを予約して、山梨の田舎から歌舞伎町のハプバーに行ったんです。そこで8人くらいで......。

――ちょ、ちょっと待ってください! だいぶ置いてけぼりにされています!

妃月 あっ、そうですよね(笑)。でも、そんな感じで好奇心を満たすために、すぐにハプバーに行ったんですよ。で、もともとAVを作る環境とか、どんな人がいるのかみたいな裏側にも興味があったし、ハプバーで「というか、体力的にもメンタル的にも、私は女優に挑戦できるんじゃないか」って思えたし......ってことで、事務所の面接を受けて今に至るんです(笑)。

――すごい理由とスピード感で今の仕事に就いたんですね(笑)。っていうか、そうなるともう、天職じゃないですか!

妃月 自分でもそう思います(笑)。......いや、話がだいぶ逸(そ)れちゃいましたけど、今のお仕事はいろんな役やプレイがあって好奇心が満たせるし、そういう意味で"好奇心を満たしてくれる男性"が理想だなって。お酒でも歴史でも、美術でもオタク知識でもなんでもいいんですけど、なにかの分野に詳しい人が好きですね。ウンチクっぽく披露されても困っちゃうけど、私が聞いたら詳しく教えてくれるとうれしいです!

――軌道修正ありがとうございます(笑)。なるほど、「ひけらかさないけど、なにかの知識に長(た)けている人」と。

妃月 ですね。好奇心的な意味では、男性の前立腺を触ったことがないので、実験的に「エイッ!」ってさせてくれる人がいたら「ラッキーだな」って思います(笑)。

――"実験的に"という表現のせいか、なぜか「アリの巣に水を注ぐ小学生」みたいなあどけなさを覚えますが......、まとめると「一度失敗していることできちんとお酒が楽しめて、好奇心を満たしてくれる知識に秀でた男」というところでしょうか(笑)。えー、妃月るいさん......興味深い方でした。最後に、読者へひと言お願いします!

妃月 ステキな夜をありがとうございました!「自分の売りはなんなのか」っていうことは考えずに、好奇心だけで今のお仕事を突っ走っていますが、どうかこれからも暖かく見守って、応援していただきたいです!

妃月るいひづき・るい
1994年1月16日生まれ、山梨県出身 身長158cm B92 W58 H89
◯9月15日(土)、ラムタラ横浜駅前店&ムーラン横浜西口店にてサイン会イベントを開催予定! 最新情報は公式Twitterをチェック!【@hiduki_rui】

取材・文/アオキユウ(short cut) 撮影/鈴木大喜

関連記事(外部サイト)