川崎麻世、ジャニーズ後輩の近藤真彦、野村義男と再会 不思議な“3ショット”画像が話題

川崎麻世、ジャニーズ後輩の近藤真彦、野村義男と再会 不思議な“3ショット”画像が話題

川崎麻世公式ツイッターより https://twitter.com/kawasakimayokun

川崎麻世が自身のツイッターにアップしたある画像が話題になっている。

 1977年、14歳の頃にジャニーズからレコードデビューし、1989年まで所属していた川崎。29日に自身のツイッターを更新し、「ジャニーズ時代の後輩のマッチとかなり久しぶりに語った」とかつての後輩である近藤真彦と久しぶりに再会したことを明かした。

 再会について、近藤は「今では天下のジャニーズの一番の古株でスーパーアイドル達の大先輩の彼はうざい先輩の俺など逢いたくないのではと思っていたが、スーパー喜んでくれた」と喜びを見せてくれたと語り、「合宿所で同じ釜の飯を食った兄弟との再会は嬉しかった」とコメント。そこに、近藤と田原俊彦とともに「たのきんトリオ」を結成していた野村義男も合流したといい、「そこによっちゃん登場で記念写真」と写真を撮ったことも告白した。

 しかし、そのツイートとともに投稿されていた写真は何と紙に3人のシルエットを書き、顔の部分に「ヨッチャン」「俺」「マッチ」と書かれているだけのイラスト。このツイートにファンからは、「大人の事情で写真が見られないんですね!」「楽しそうな様子は伝わります」「最高のスリーショット見られなくて残念です」といった声が集まっているほか、「とてもきれいな写真ですね!」「よく撮れていて仲の良さが伝わってきます」という皮肉なコメントも見受けられた。

 所属タレントの肖像権を守るという理由で、長らくネット上でのジャニーズタレントの写真の使用を禁じてきたジャニーズ事務所。今年に入り、記者会見や舞台挨拶などマスコミを呼んだ場合には、ニュースで写真を使用することが許可されるようになったが、未だSNSなどでの写真の使用は解禁されていない。今回の投稿では「黒塗りの電子書籍の雑誌よりは分かりやすい」「ジャニーズの写真載せられない問題を上手くディスってるんですね」とジャニーズ事務所への皮肉めいたコメントも多々見られたものの、純粋に川崎のイラストにほっこりとしたファンも多かったようだ。

記事内の引用について
川崎麻世公式ツイッターより https://twitter.com/kawasakimayokun

関連記事(外部サイト)