『おっさんずラブ』第2弾発表、騒ぎが収まらず“キャスト未定”がトレンド入り

『おっさんずラブ』第2弾発表、騒ぎが収まらず“キャスト未定”がトレンド入り

田中圭

 1月22日、2018年の大ヒットドラマ『おっさんずラブ』の第2弾ドラマの制作が発表された。

 放送局のテレビ朝日によると、第2弾は2019年度に放送されることが決定。加えて2019年は既報の通り、第1弾ドラマと同キャストによる劇場版の公開が夏に決定しており、2019年は再び『おっさんずラブ』旋風が吹き荒れそうである。

 ところが、この報道直後、『おっさんずラブ』ファンの間では大きな動揺が走った。映画版はドラマ版と同じキャストで制作されることが発表されている一方、今回の第二弾ドラマに関しては「主演も含めてキャスト未定」と発表されたのだ。

 『おっさんずラブ』は田中圭が演じる33歳のモテない男性が、吉田鋼太郎演じる直属の上司、そして林遣都が演じるイケメン後輩から同時に告白され混乱するも二人の気持ちにまっすぐ答える姿を三角関係をユーモラスに描いた作品。
その恋愛模様が「男女の恋愛よりピュア」、「人を好きになるのに、性別や年齢とか関係ない事に気がついた」とSNSなどで大きな話題になり、2018年最大の話題作となった。

 そのため、今回の「キャスト未定」の衝撃ニュースは、「キャストが違うならもう観ない!」、「他のキャストでの『おっさんずラブ』は絶対有り得ない!」、「喜んでいいのか悲しんでいいのかわからない」といった声がTwitter上で相次いでおり、『おっさんずラブ』よりも『キャスト未定』というワードがTwitterのトレンドに挙がるなどした。

 また、とりわけ今回のニュースは牧凌太=林遣都ファンには衝撃だったようで、Twitterでは「これは試練なのか?」、「ショックで寝れなくなった」、「キャストが違うなら続編と言わないで欲しい」と大きな混乱となっている。というのも、2016年に放送された単発ドラマ版に林は出演しておらず、連続ドラマ版から出演のキャスト。第2弾でまた“田中の相手役が変更になるのでは”という危惧や、林自身が雑誌のインタビューで「おっさんずラブはやり切った」という旨のコメントをしていることから、不安の声が相次いでいるようだ。

 新作ドラマのキャスティングが未定となった理由に関しては、一部では『おっさんずラブ』の大ヒットにより田中圭、林遣都にドラマ・映画のオファーが殺到してしまい、スケジュールの確保が難しくなってしまった理由のほか、ドラマ版のストーリーが綺麗に完結しているため、同キャストで12話前後の新作ドラマを制作するのが困難などの理由があるという。

 そのため、第2弾ドラマは別キャストを使った全く新しい『おっさんずラブ』になるのではないかとの噂がある。主役交代という大勝負に出る『おっさんずラブ』。2019年も大旋風を起こせるか……。

関連記事(外部サイト)