ASKAさんが6月に香港ライブ

ASKAさんが6月に香港ライブ

歌手のASKAさんが、1月8日に香港で記者会見を行った。(写真は、香港で記者会見したASKAさん。写真=楢橋里彩)

 歌手のASKAさんが香港で6月に開催するアジアツアー香港ライブ「ASKA CONCERT TOUTR 2019 Made in ASKA−ASIA TOUR  HONGKONG」に先駆け、1月8日に香港で記者会見を行った。
 
 ASKAさんは昨年、約5年ぶりとなる全国ツアーを終えたばかり。6月には香港のほか台湾でもライブを行う。台湾ではエンターテインメントが確立していなかった頃からライブを行い、マイケル・ジャクソンのライブより多くの観客を動員したことが伝説のように語り継がれているという。こうしたなか春節(旧正月)の大晦日に当たる2月4日には台湾の紅白歌合戦のような番組へのスペシャルゲストとしての出演も決定しており、本格的にアジア進出を果たす。一方、“成熟した街”であり、“密集度がワールドワイド”と表現する香港では、すでに多くの歌手がASKAさんの曲をカバーしており、「You are free」をはじめ香港市民にとってなじみの曲も多く、今回は待望のライブとなりそうだ。
 
 ASKAさんは昨年新たな活動としてデジタル音楽配信サイト「We are(ウィアー)」を立ち上げた。これは高音質のハイレゾ音源の普及を目指すとともに、若手ミュージシャンに楽曲配信の場を提供するもの。自身もアーテイストとして参加し、皆で運営しながら新たな音楽を生み出すことに挑戦する。「60代になって大ブレークした人は日本はいない。30代のときみたいなブレークを再現して、世界に僕の音楽を届けられるような活動を、絶やさずやっていきたい」と意気込みを語った。
 
 香港ライブ公演は6月16日午後8時より、旺角のMacPherson Stadium(マクファーソンスタジアム)で行う予定だ。チケットの発売開始は2月12日から。チケットは席によって5種類の価格帯(490〜1,090香港ドル)を用意している。チケットはプレイガイド「Cityline」で扱う。(写真は、香港で記者会見したASKAさん。文・写真=楢橋里彩)

関連記事(外部サイト)