現役グラドル「水着の女神」総選挙(5)1位〜10位 篠崎愛が全都市で無類の強さを発揮!

現役グラドル「水着の女神」総選挙(5)1位〜10位 篠崎愛が全都市で無類の強さを発揮!

現役グラドル「水着の女神」総選挙(5)1位〜10位 篠崎愛が全都市で無類の強さを発揮!

 猛暑が続く今年の夏だが、グラドルにとっては水着が映える季節。そこでアイドルグループに負けじと、現役グラドルたちの最高の肢体を競う水着総選挙を開催! 

 東京・名古屋・大阪・博多のグラビアファン4000人を対象に、現役グラドルでボディ・ルックス・作品の完成度などを総合し、クイーンにふさわしいと思う票を投じてもらった。全国主要都市のリサーチから見えてくるのはベテランの意地か? 新勢力の台頭か?

10位 柳ゆり菜(267pt 165センチ B84・W60・H86 東京24位 名古屋2位 大阪9位 博多11位)

 名古屋で2位という驚異的な支持率に理由は…と探ったが、大阪市出身の柳に接点はない(笑)。ただ、どこであれ支持は歓迎だろう。

9位 青山ひかる(283pt 154センチ B95・W59・H90 東京5位 名古屋16位 大阪8位 博多5位)

 都会的な2次元ボディは、やはり首都圏の支持が高い。さらに長崎出身だけに、博多の熱い応援票も加わってトップテンに入った。

8位 岸明日香(288pt 158センチ B90・W58・H90 東京3位 名古屋19位 大阪7位 博多18位)

 大阪は堺市出身だけに大阪7位は当然。驚くべきは、東京でも3位という高い支持。上京して6年のマジメな努力が結びついたようだ。

7位 大原優乃(307pt 154センチ 推定88センチFカップ 東京13位 名古屋15位  大阪8位 博多5位)

 雑誌もテレビも、今年のNo.1ブレイクアイドルと呼べる活躍。鹿児島出身だけに同じ九州の博多で票を伸ばし、堂々の「神7」入り。

6位 小倉優香(372pt 東京2位 名古屋7位 大阪16位 博多6位)

 昨年、突如として吹き荒れた“リアル峰不二子”のハリケーンは、今年も強い勢力のまま。千葉出身だけに隣りの東京では堂々の2位。

5位 馬場ふみか(425pt 167センチ B83・W56・H84 東京6位 名古屋5位 大阪5位 博多8位)

 近年のトレンドである「モグラ女子」の代表として、グラビアにとどまらない活躍を見せる。活動域は決して広くないが、全国に残したインパクトは絶大だったようだ。

4位 杉原杏璃(430pt 157センチ B89・W56・H80 東京8位 名古屋4位 大阪3位 博多7位)

 現役最年長グラドルに君臨し、小説の執筆や株式投資と幅を広げる。高いランクではあるが、観光秘書を務めたこともある地元・広島の票があれば、もっと上位だった。

3位 久松郁実(459pt 165センチ B83・W59・H86 東京4位 名古屋6位 大阪4位 博多3位)

 積極的にグラビア活動を展開したのは、2015年からの1年くらい。以降はカレンダーしか定期的な肌見せはないが、それでも、全国まんべんなくカリスマ的な人気を誇る。

2位 中村静香(541pt 163センチ B85・W60・H83 東京7位 名古屋1位 大阪2位 博多1位)

 グラビア界の優良銘柄の座をキープする“しーちゃん”は、京都出身のはんなりした魅力。東京こそ7位の座に甘んじたが、名古屋、大阪、博多と西に向けて強かった。

1位 篠崎愛(567pt 167センチ B87・W60・H88 東京1位 名古屋3位 大阪1位 博多2位)

 強い、強い! すべての地域で3位以内に入り、特に東京と大阪の2大都市を制したのは大きい。本来の愛されキャラに加え、昨年の「最大脱ぎの写真集」効果も絶大。

関連記事(外部サイト)