「熱闘!グラドル甲子園」山形・橋本マナミ、鹿児島・大原優乃…全国47都道府県の“バスト代表”が決定

「熱闘!グラドル甲子園」山形・橋本マナミ、鹿児島・大原優乃…全国47都道府県の“バスト代表”が決定

「熱闘!グラドル甲子園」山形・橋本マナミ、鹿児島・大原優乃…全国47都道府県の“バスト代表”が決定

 8月5日、いよいよ「第100回全国高等学校野球選手権大会」が始まる。100回の記念大会ということで、今回は猛暑に見舞われた地区予選を勝ち抜いた56校が出場。真紅の大優勝旗を目指して熱い戦いが繰り広げられるのだ。

 この夏、激しい戦いが繰り広げられるのは高校野球だけではない。数多くのライバルと競いながら水着一着で勝負しているグラドルにとっても、夏は見せ時、売り時なのだ。

 そんな彼女たちを甲子園よろしく全国47都道府県に分け、56代表を選出したのが8月3日発売のグラビア誌「アサ芸Secret Vol.53」。テレビでも大活躍の“モグラ”美女から将来が大いに期待される気鋭の美女まで、悩殺ボディの競演をとくとご覧あれ!

 北海道・東北ブロックで注目は、知名度もフェロモンも全国に撒き散らしまくっている、山形代表の橋本マナミだ。

「“国民の不貞相手”という立ち位置でグラビア界を席巻。現在では女優としての活動が中心になっていますが、世の男性にとってその艶やかさは今なお鮮烈な印象です。熟練された誘惑テクニックで、この『グラドル甲子園』でも優勝候補に名を連ねることは間違いないでしょう」(週刊誌記者)

 強豪ひしめく関東ブロックの東京代表は“モグラ女子”久松郁実だ。

「モデルとしてファッション誌、グラドルとしてグラビア誌、タレントとしてバラエティ番組、女優としてドラマや映画と、八面六臂の大活躍。グラビア界は男性人気に左右されやすいですが、モデルとして女性からも絶大な人気を得ているところが彼女の強みです。当面、東京代表の一角は彼女の枠ではないでしょうか」(芸能ライター)

 中部・近畿ブロックからは“夏娘”とも言うべき、大阪代表の橋本梨菜を推さねばなるまい。

「肩書きは『なにわのブラックダイヤモンド』。グラドル界一の色黒を自称し、その黒さは松崎しげるのお墨付き。それでいて、日焼けサロンは利用せず必ず天然焼けというこだわり。彼女のグラビアを見なければ夏が来た気がしないという声もあるほどの人気ぶりです」(グラビア誌編集者)

 グラビア界においては気鋭の女の子が多数登場している中国・四国・九州・沖縄ブロック。ここでの注目は、早くも全国区で大活躍している鹿児島代表の大原優乃だ。

「各誌が競い合って登場させる大注目株。まだ18歳の若さですからね。向こう10年はグラビア界のトップに君臨できる逸材ですし、ぜひとも長く続けて、オトナの女性になってゆく過程をグラビアで表現してほしいですね」(前出・芸能ライター)

 この夏、同じ出身地のグラドルを応援してみては?

関連記事(外部サイト)