いよいよ迎える「半分、青い。」のクライマックスを不安視する声が出るワケ

ドラマ「半分、青い。」がいよいよクライマックスへ 視聴者から不安視する声も

記事まとめ

  • 「半分、青い。」は9月29日に最終回を迎え、平均視聴率が20%を超えると推測される
  • 同作では「あの話はどうなった?」という視聴者の心配や不安の声があがっている
  • 最近はドラマや映画を見る際に、視聴者が「伏線」「回収」を見つけることが流行の様子

いよいよ迎える「半分、青い。」のクライマックスを不安視する声が出るワケ

いよいよ迎える「半分、青い。」のクライマックスを不安視する声が出るワケ

いよいよ迎える「半分、青い。」のクライマックスを不安視する声が出るワケ

 9月29日放送回で最終回を迎える朝ドラ「半分、青い。」。全話平均視聴率が20%を超えると目されており、人気作品として名を残すはずのこのドラマだが、いよいよクライマックスを迎えるこの時期の視聴者の反応が、これまでの人気作品とはいささか雰囲気が違うのだ。どの作品も、終わってしまう一抹の寂しさとともに、どんな大団円を迎えるのかに注目が集まるものだが、「半分、青い。」に関しては、「あの話はどうなった?」という、心配や不安の声があがっているというのだ。

「例えば、ドラマの最終段階に来て“そよ風の扇風機”を作り始めた主人公とその幼なじみですが、上京したきっかけであるはずの娘のフィギュアスケートについて、いつの間にかまったく触れられなくなっています。あくまでも主人公を東京へ引っ越しさせるための口実で、その作業が終わったらフィギュアスケートのエピソードはお役御免なのでしょうか。また、あからさまな伏線、雑な回収作業を指摘する声もあります。例えば、かつて一緒に漫画家として切磋琢磨したユーコがその後、夫の実家のある仙台へ移住。看護学校を経て、看護師として働くのですが、その近況を主人公に話したのが2010年で、勤めるのが仙台の海辺の病院。明らかに2011年の東日本大震災を描くこと間違いなしの伏線です。もちろん、見える伏線、見えない伏線、双方あって然るべきですが、ここまであからさまにして東北大震災を扱うとなれば“お涙ちょうだい的な浅薄さ”が感じられてしまうのではないでしょうか」(芸能ライター)

 最近はドラマや映画を見る際に、とかく「伏線」「回収」を見つけることが流行のご様子。作家になりきって先を読むことも楽しいのだろうが、純粋な視聴者として、登場人物に感情移入してみるのもまたドラマを見る楽しみ。思い思いの楽しみ方で、「半分、青い。」のクライマックスを堪能しよう。

関連記事(外部サイト)