東山紀之、「優等生キャラ」が漏らしたスタジオの空気を凍らせたひと言

東山紀之、「優等生キャラ」が漏らしたスタジオの空気を凍らせたひと言

東山紀之、「優等生キャラ」が漏らしたスタジオの空気を凍らせたひと言

 ストイックでマジメな優等生キャラとして知られている東山紀之が、珍しく場を凍らせた瞬間があった。9月23日に放送された、東山がMCを務めている「サンデーLIVE!!」(テレビ朝日系)では、悪役を演じたら右に出る者はいないと言われる八名信夫が、熊本地震からの復興に向かう被災者の背中を押そうと製作した自主映画「駄菓子屋 小春」を紹介。

 熊本地震から1年後の被災した商店街にある駄菓子屋を舞台に、そこで生活する人々の気持ちや地域が復興していく様子が描かれているという。

 その中で東山は「悪役を演じる方はみなさんやさしいんです」「人にやさしくないと悪役はできないですからね。ボクは悪役のみなさんのほうが話しやすかった。主役の方のほうが怖かったです」と語り続けたのだ。

「苦笑しながら話す東山からは、明らかに具体的な“主役の方”をイメージしている様子が見てとれました。だからでしょう。小木逸平アナやコメンテーターの古田敦也、浅尾美和らの顔がみるみるうちにこわばっていったのです。東山はまさに場を凍らせていましたね。ネット上でも『今の東山の発言はヤバイだろ』『東山の言う怖かった主役って誰のこと?』といった反応が即座にあがっていたようです」(テレビ誌ライター)

 ピリッとしたコメントを放った後も、それまでとはまったく変わらない表情で司会を続けていた東山。ジャニーズ帝国で鍛え上げられたのは強靭な肉体だけでなく、精神もたくましくなっているようだ。

関連記事(外部サイト)