夫の死、家庭の事情、逮捕…姿を消したあの大ヒット歌手たちの「今」とは?

ちあきなおみ、桂銀淑など、夫の死や逮捕などで姿を消した大ヒット歌手の今を追う

記事まとめ

  • 西田佐知子さんは、関口宏との結婚後も不定期に活動していたが、1982年に歌手を引退
  • ちあきなおみは最愛の夫を失い芸能活動を休止し26年を経てもつつましく暮らしている
  • 桂銀淑は法律違反の薬物の所持の現行犯で逮捕されたことにより再入国は許されていない

夫の死、家庭の事情、逮捕…姿を消したあの大ヒット歌手たちの「今」とは?

夫の死、家庭の事情、逮捕…姿を消したあの大ヒット歌手たちの「今」とは?

夫の死、家庭の事情、逮捕…姿を消したあの大ヒット歌手たちの「今」とは?

 心に残る名曲を残したまま、我々の前から忽然と姿を消した歌姫たち。テレビやラジオから聞こえてきたあの歌声は、幻のものになってしまうのか。その消息を追ってみると──。

「主人の死を冷静に受け止めるには、まだまだ時間が必要と思います。静かな時間を過ごさせてください」

 92年9月21日、最愛の夫・郷えい治を失ったちあきなおみ(71)は、そう挨拶した。だが「冷静に受け止める時間」は、26年が経った今も凍結されたまま。

「むしろ、本人が姿を見せなくなってからCD全集がバカ売れし、テレビで特番が何度も組まれています。本人は再三のラブコールにもいっさい、耳を貸しません」(音楽ライター)

 都内でつつましく暮らしているが、以前ほど素顔での買い物や、夫が眠る墓地へ行くことは少なくなっている。今なおマスコミの張り込みにあうことが苦痛であるようだ。

 そのちあきもお手本としたのが、1960年に「アカシアの雨がやむとき」をヒットさせた西田佐知子(79)だ。71年の関口宏との結婚後も不定期に活動していたが、82年に歌手を引退。専業主婦となったのは、関口の父である佐野周二の意向が大きかったという。

 ハスキーな声と美貌で日本でも根強い人気だった桂銀淑(57)は、01年以降、借金トラブルなどでテレビに出る回数が激減。さらに07年11月26日、法律違反の薬物の所持の現行犯で逮捕されたことにより、今なお再入国は許されていない。

「何年かかっても日本に行って直接、ファンの方にお詫びしたい」

 ソウルからの中継で桂はそう訴えたが、情勢はますます悪くなった。

「韓国でもたびたび詐欺容疑や薬物がらみの容疑で逮捕されましたが、今年の1月31日にも新たな詐欺容疑で訴えられたと韓国メディアで報じられました。日本への来日は、半永久的に閉ざされたと思います」(芸能ジャーナリスト)

 10月2日発売の「週刊アサヒ芸能」10月11号の創刊62年記念ワイド特集では、そのほか「忽然と消えた」ドラマ女優、人気アイドル、官能ヒロインたち62人の現在を追っている。

関連記事(外部サイト)