米倉涼子、「リーガルV」初回が高視聴率でも関係者が“ガッカリした”理由!

米倉涼子の主演ドラマ「リーガルV」、初回視聴率は15.0%でも関係者は不満の声

記事まとめ

  • 米倉涼子の主演ドラマ「リーガルV」が11日にスタートし、初回視聴率は15.0%を記録した
  • しかし「ドクターX」の20%超えと比べると、関係者はこの数字に満足できないという
  • 本作は弁護士資格をはく奪された弁護士が以前所属していた弁護士事務所に挑む物語

米倉涼子、「リーガルV」初回が高視聴率でも関係者が“ガッカリした”理由!

米倉涼子、「リーガルV」初回が高視聴率でも関係者が“ガッカリした”理由!

米倉涼子、「リーガルV」初回が高視聴率でも関係者が“ガッカリした”理由!

 米倉涼子主演ドラマ「リーガルV 〜元弁護士・小鳥遊翔子〜」(テレビ朝日系)が10月11日にスタートし、初回平均視聴率は15.0%の好発進となった。今後の期待も感じさせるこの数字だが、意外なことに関係者の間では、“ガッカリ感”が広がったというのだ。

「『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)の第1期初回視聴率は18.6%。第2期23.0%、第3期21.3%、第4期20.4%、第5期20.9%でした。9月30日に放送された、過去の放送に未公開シーンを加え再編集した『ドクターX』2時間スペシャルの“復刻版”でも平均視聴率16.7%をマークしていたので、期待値がどんどん上がりすぎてしまっていました。そのため、話題性、実績からいって『リーガルV』も初回から20%超えが期待されていたんです。ところがその期待値より5ポイントも低く、『ドクターX』の復刻版よりも下回ったことに驚いているというのが本音です」(テレ朝関係者)

 物語は、敏腕弁護士だった小鳥遊翔子(米倉)が、ある理由から弁護士資格をはく奪される。そこで、ワケあり弁護士を集め法律事務所を結成し、以前所属していたエリート弁護士事務所に挑むというもの。

 今作では、「ドクターX」で「加地秀樹」を演じ、スピンオフが制作されるほど人気だった勝村政信も、元エリート検事で現在は弁護士の「大鷹高志」を演じている。今後、「ドクターX」を超えられるかどうか、ますます注目されるところだ。

関連記事(外部サイト)