「昭和・平成」有名人の衝撃自死(1)「白い巨塔」で抜け殻となった田宮二郎

「昭和・平成」有名人の衝撃自死(1)「白い巨塔」で抜け殻となった田宮二郎

「昭和・平成」有名人の衝撃自死(1)「白い巨塔」で抜け殻となった田宮二郎

 テレビ朝日が開局60周年を記念して5月22〜26日の5夜連続のスペシャルドラマとして放送される、山崎豊子の不朽の名作「白い巨塔」。主人公の財前五郎をジャニーズきっての演技派として評価の高い岡田准一、ライバルの里見脩二を松山ケンイチが演じるということで、期待が寄せられている。

 これまで何度も映画・ドラマ作品となり、そのたびに大きな話題を呼んでいる同作品だが、やはり最も印象が強いのは、1978年に制作された“田宮二郎版”だろう。

 何といっても、田宮は同作のクランクアップから1ヵ月後、まだドラマが放送中に猟銃で胸を打ち抜くという、衝撃的すぎる方法で、その生涯にみずから幕を閉じている。

「壮絶な自死の話題性もあり、最終回は30%を超える視聴率を記録しました。順調に見えた田宮の俳優人生ですが、私生活では多額の借金と、こじれた女性問題に悩まされ、躁うつ病を患っていたとされます。『白い巨塔』は、田宮自身が原作に惚れ込み、切望してドラマ化を実現させた作品で、その鬼気迫る演技が評判を呼びました。しかし、撮影が終わると抜け殻状態となってしまったようで、『もう何を演じていいかわからない』と、周囲に弱音を吐いていたといいます」(芸能記者)

 難役を、岡田はどう演じるのか。天国の田宮も気になるに違いない。

(露口正義)

関連記事(外部サイト)