「イッテQ!」の首位陥落は、日テレ天下にとって終わりの始まりなのか?

「世界の果てまでイッテQ!」が、テレ朝「ポツンと一軒家」に僅差で首位を奪われる

記事まとめ

  • 大人気バラエティ「世界の果てまでイッテQ!」の首位陥落がテレビ業界で話題に
  • 2月24日放送回ではテレ朝「ポツンと一軒家」が0.1ポイント僅差で首位を奪取した
  • 「イッテQ!」はやらせ疑惑や、NEWS手越祐也の未成年との飲酒疑惑など先行き不安も

「イッテQ!」の首位陥落は、日テレ天下にとって終わりの始まりなのか?

「イッテQ!」の首位陥落は、日テレ天下にとって終わりの始まりなのか?

「イッテQ!」の首位陥落は、日テレ天下にとって終わりの始まりなのか?

 大人気バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ)の首位陥落がテレビ業界をにぎわせている。2月24日放送回の視聴率は16.3%と相変わらず好調だったが、裏番組の「ポツンと一軒家」(テレビ朝日系)が16.4%と、わずか0.1ポイントの僅差ながら首位を奪取したのである。

「日本テレビは長年、視聴率3冠王を獲得し続けており、中でも『イッテQ!』はバラエティ部門の勢いを示す象徴的な番組でした。それがテレ朝に負けたということで、社内には大きな動揺が広がっています。しかも特番が相手ではなく、レギュラー放送で負けたのですから、明らかな力負けとなったわけです」(業界関係者)

 その「イッテQ!」では昨年5月20日に放送された「ラオスの橋祭り」にやらせ疑惑が発生。放送倫理・番組向上機構(BPO)で審議に入っており、今後、関係者のヒアリングなどが行われる予定だ。また、レギュラー出演者のNEWS・手越祐也は未成年女子との飲酒疑惑が持ち上がるなど、先行き不安の状態にある。そんな状態の番組に日テレではどんなテコ入れを行うのだろうか。

「実はテコ入れどころか放置状態になっているようです。というのも日テレのバラエティ部門では『イッテQ!』に関わっていた人物が幹部となっており、自分の実績でもある番組を批判するようなマネは避け、見て見ぬふりを決め込んでいるというのです。しかし視聴者は早くも『イッテQ!』離れの兆候を見せているのが現実。このままでは手遅れになる恐れもあり、いまがまさに“終わりの始まり”になっているのかもしれません」(前出・業界関係者)

 翌週の3月3日放送回では「イッテQ!」が人気企画を投入し、「ポツンと一軒家」を視聴率で大きく上回ったが、それでも、「イッテQ!」が、このまま、手をこまぬいているようでは、日テレの天下も危ういのかもしれない。

(浦山信一)

関連記事(外部サイト)