松本人志もチクリ!「R-1ぐらんぷり」の過剰な観客リアクションの不可解

『R-1ぐらんぷり2019』霜降り明星・粗品が2冠 観客のリアクションおかしいと指摘も

記事まとめ

  • 『R-1ぐらんぷり2019』が生放送され、霜降り明星・粗品が優勝し2冠を達成した
  • 「『R-1』観客のリアクションがおかしかった」という声があがり、芸人からも疑問の声
  • ダウンタウン松本人志は「R-1の客。。。」とだけツイートし違和感をほのめかしている

松本人志もチクリ!「R-1ぐらんぷり」の過剰な観客リアクションの不可解

松本人志もチクリ!「R-1ぐらんぷり」の過剰な観客リアクションの不可解

松本人志もチクリ!「R-1ぐらんぷり」の過剰な観客リアクションの不可解

 ピン芸人日本一を決める「R-1ぐらんぷり2019」が関西テレビ・フジテレビ系で生放送され、昨年の「M-1グランプリ」覇者である霜降り明星・粗品が優勝、見事2冠を達成したのだが、〈明らかに観客のリアクションがおかしかった〉とする声が圧倒的だ。

「確かに今回の『R-1』の観客の反応は、普通ではありませんでしたね。そこまでおもしろくないところでも大爆笑が起きたり、ちょっとしたことで悲鳴が聞こえたりと、まるで昔のドリフのコントを観ているような気分になりました。観客の過剰なリアクションが気になって、ネタが入ってこなかったという人も多かったのではないでなしょうか」(お笑いライター)

 これには、芸人たちからも疑問の声が上がっている。予選で敗退したことをツイッターで〈意図的に落とされたと思っている〉〈センスを疑う〉と審査員を批判したことでも話題となったキートンは、〈賞レースでのテレビ観覧客の過剰な反応は邪魔ですな。おもしろい時に笑うだけでいい。全員おもしろいネタをやったんだからさ〉とツイート。加えて、ダウンタウンの松本人志も〈R-1の客。。。〉とだけツイートし、違和感があったことをほのめかしている。

「『R-1』が昨今、『M-1グランプリ』に比べ盛り上がりに欠けているとの評を、主催者側が気にしたのかもしれません。となると当然、観客側に強いリアクションを求める場合もある。もし放送開始前から“場を温めすぎた”ということであれば、今回はそれが裏目に出たということです。観客のリアクションが不自然であればあるほど、大会自体の仕込みまで疑われかねませんからね」(バラエティー番組制作会社関係者)

 大会も放送も、ガチンコでお願いしたいものだ。

関連記事(外部サイト)