ダレノガレ明美、「バストトップの大きさを必死に訂正」で“疑惑”深まるワケ!

ダレノガレ明美、「バストトップの大きさを必死に訂正」で“疑惑”深まるワケ!

ダレノガレ明美、「バストトップの大きさを必死に訂正」で“疑惑”深まるワケ!

 何が何でも訂正したかったようだ。

 バラエティー番組「ニノさん」(日本テレビ系)に、ダレノガレ明美がゲスト出演したのは、3月24日放送回。この日、「ひとつだけどうしても訂正したい」と熱弁をふるう一幕があった。番組内の〈訂正報道 そのニュース、若干違います〉と題して、報道されたニュースの真贋を当人に語らせる企画で、ダレノガレはねちっこく食い下がったのだ。何でも週刊誌にバストトップが「デカイ」、と書き立てられておかんむり。「本当にデカくないんですよ」と否定して、「ちょうどいい(サイズな)のに」とアピールしまくったのである。

 そんなダレノガレはこの発言の少し前には、彼氏と50畳のリビングのついた3LDK、230平方メートル、家賃140万円の超高級マンションに住むつもりだったが、破局して1年間一人暮らしをしたこと、現在は180平米のマンションで愛猫と暮らしていることをぶっちゃけてもいた。

「このマンションは17年7月に入居した物件だそうですが、確か、当時は家賃130万円の3LDKで200平方メートル以下と言いはっていました。家賃といい、広さといいなぜか増えていますから、どうやらダレノガレには、話を“盛る”癖があるようですね」(テレビ誌記者)

 ともあれ、この日の「ニノさん」ではダレノガレにまつわる12本のニュースがピックアップされた。「整形?専門家が鼻の形が不自然」「背中にタトゥー、デザインは2匹の龍」「性別詐称か、同級生暴露 実は男性」といったニュースを完全スルーしたあげくの「バストトップは大きくない」の訴えだったのだが…。

「コメンテーターの小籔千豊や武田真治もあきれていた。いくらデカくないと言い張っても、しょせんは自己申告で確かめようがない。2年前に、ツイッターで『バストトップが見えてしまっている』と騒がれた写真をボタンと言い張り、バストトップではないが消しておくとして削除した過去があることをつい思い出してしまいましたね。その時にバストトップではないかとされたモノは少し大きめだったとか。都合の悪いことは知らん顔、セレブ演出のためか、話を盛るキャラというイメージもありますから、今回の『デカくない』という訴えも真逆に取られてしまっていますよ」(芸能ライター)

 人の噂も75日、世間はとっくに忘れていたのに、猛烈アピールで「墓穴」を掘ってしまったかもしれない!?

(塩勢知央)

関連記事(外部サイト)