岡田健史、「“中学聖日記”のインパクトが強すぎ」で注目される今後の起用法!

岡田健史、「“中学聖日記”のインパクトが強すぎ」で注目される今後の起用法!

岡田健史、「“中学聖日記”のインパクトが強すぎ」で注目される今後の起用法!

 昨年の人気ドラマ「中学聖日記」(TBS系)でのデビューにより、一気に人気が沸騰した俳優の岡田健史が、20歳の誕生日となった5月12日に都内で初のファンミーティングを開催。改めてその人気ぶりが注目された。

福岡県出身の岡田は、長崎の創成館高校に野球特待生として入学。中学1年の頃から現在所属するスウィートパワーにスカウトされていたものの野球を理由に断っていたが、高校卒業後、昨年にスウィートパワーの男性部門であるスパイスパワーに所属して芸能界入り。「中学聖日記」のオーディションを受け、いきなりメインどころの黒岩晶役に抜擢された。

「6月に発売されるファースト写真集『鼓動』は、発売前から重版決定。ファンミも応募者が殺到し、当初2部制の予定だったのが3部に変更され、約4000人のファンが集まりました。とにかく事務所にとってはイチ押しする、否、しなければならない新人なんです」(スポーツ紙記者)

 もともとスウィートパワーは黒木メイサや桐谷美玲、内山理名ら人気女優を抱えているが、堀北真希が結婚により芸能界を離れた後、稼ぎ頭になっていた桐谷も三浦翔平と結婚して仕事をセーブ気味の状態だ。

「そこで事務所は、高杉真宙とともに岡田を猛プッシュ中なのですが、『中学聖日記』の大当たりは万々歳だったものの、予想以上の反響と『黒岩晶』のインパクトがまだ残っているだけに、今後の方向性に慎重にならざるをえない状況だといいます。俳優デビューしたものの、演技はズブの素人。加えて超がつくマジメキャラのため、急激に仕事を増やし根を詰めさせることもできない。そのため、ローカル局のSPドラマ主演やプロ野球の始球式など、比較的プレッシャーのかからない仕事で様子を見ているようです」(夕刊紙記者)

 事務所の将来を担う可能性もあるだけに、難しいところだろう。

(鈴木十朗)

関連記事(外部サイト)