割り切りぶりが魅力的! 長谷川京子、“ラブシーンはスポーツ”発言が大反響

割り切りぶりが魅力的! 長谷川京子、“ラブシーンはスポーツ”発言が大反響

割り切りぶりが魅力的! 長谷川京子、“ラブシーンはスポーツ”発言が大反響

 発言も艶っぽさ全開!?

 長谷川京子が5月21日に放送されたバラエティ番組「グータンヌーボ2」(関西テレビ)に出演。ドラマや映画でのラブシーンを割り切って望んでいることを明かしている。番組オープニングでは、長谷川が出演する現在放送中のドラマ「ミストレス〜女たちの秘密〜」(NHK)での長谷川の妖艶な演技が話題となっていることについてトークを展開。

 同作をしっかり視聴しているという田中みな実は「京子さんのキスシーンは1話からスゴかったですけど」と前置きしたうえで、「仕事だと思って割り切ってやるんですか? それともその人のことを好きになるんですか?」と、ラブシーンを演じるうえでの心構えについて長谷川に質問。

 この質問に対して長谷川は「私は割り切りますね」と、相手役にいっさい好意を抱かずに、仕事と割り切ってラブシーンを演じる派であると回答。

 また、滝沢カレンからは「ドキドキしないんですか? その最中」と、ラブシーンを演じる際の胸中について質問を受けるも、長谷川は「女の人と男の人は絶対違うと思う。男性の俳優さんは好きになっちゃうってよく聞く。でも女性はならない全然。(カットの合図で)終わりって感じ」と、ラブシーンを終えた後でも特に男性を好きになることはないとのこと。さらに長谷川は「1回じゃないじゃん。いろんな角度から撮るから、なんか…スポーツみたいになってくる」と、ラブシーンを何度も撮っているうちにスポーツ感覚でラブシーンを演じているという独自のスタンスを持っていることを明かしている。

 この長谷川節全開の「ラブシーンはスポーツ」発言には、元乃木坂46の西野七瀬は口を手で覆い、爆笑。田中も思わず「わお〜」という驚きの声をあげていたが、世の男性たちからも「ただでさえ艶っぽさがやばいのに、そのサバサバした感じがより魅力的だな」「既婚者で『スポーツ』発言は艶っぽい」「そこらの男より考え方が全然男っぽいな。だが、それがいい」「夫が死ぬほどうらやましい」などといった意味の声が上がっており、長谷川のラブシーンに対する考え方を聞いて、大興奮だ。

「去る4月5日に行われた『ミストレス』の第1話試写会で長谷川は『毎回、朝から現場は猛烈なキスシーンが多かったりとして、手を替え品を替えやっています』と、いかにキスシーンをたくさん撮影しているのかについて触れています。ただ、そのうえで『40歳になってラブシーン、キスシーンのいろんな種類を意外と私、やれるようになったと思ってやっています。いろいろ経験してきたんだなとすごく思っています』と、経験の豊富さをアピール。それはそのラブシーンを見ていても、バッチリと伝わってきますが、そのいろいろなバリエーションのラブシーンをスポーツのようにこなすというそのサバサバ具合にかえって、艶っぽさを感じたという人が多いようですね」(エンタメ誌ライター)

 そんな長谷川を射止めたポルノグラフィティの新藤晴一を世の男たちは心底羨ましがっているようだが、新藤は15年にツアー中に美女を持ち帰ったという不貞疑惑も報じられている。

 新藤にはこれだけ世の男性を虜にしている魅力的な女性が世界でただ1人、自分だけを愛してくれていることがいかに素晴らしいことかをしっかり理解したうえで、生きてほしいところだ。

(権田力也)

関連記事(外部サイト)