長谷川豊の差別暴言を赤江珠緒が「めちゃくちゃ腹立つ!」大憤怒批判!

長谷川豊の差別暴言を赤江珠緒が「めちゃくちゃ腹立つ!」大憤怒批判!

長谷川豊の差別暴言を赤江珠緒が「めちゃくちゃ腹立つ!」大憤怒批判!

 講演会での差別発言が原因で日本維新の会から公認停止の処分を受けているフリーアナの長谷川豊に、同業のアナウンサーが激怒した。長谷川に対しては、古巣であるフジテレビの関係者からも表立っての批判が飛び交っているが、ついに局外の同業者からもクレームが付き始めたのである。

 フリーアナの赤江珠緒がパーソナリティを務めるラジオ番組「赤江珠緒 たまむすび」(TBSラジオ)では、5月27日放送の“週刊ニッポンの空気”コーナーにて、長谷川の差別発言について言及。コメンテーターの青木理氏は長谷川が奈良出身であることに触れ、「関西というのは被差別部落が歴史的に多いところなので教育もあるはず」と指摘した。すると、兵庫出身の赤江も「あるある!」と同調。次いで青木氏が「およそ考えうる中で最悪の発言」と長谷川を糾弾すると、赤江も「そうですよね、私も(動画を)見ました。何を言いたいかもわからない」と舌鋒鋭く長谷川を批判。そして青木氏が「こういう発言をされている方がよくキー局のアナウンサーをされていたな」とアキレた様子を見せると、赤江は「そこが腹立たしいんですよ!」と興奮が収まらない様子を見せていた。

「続けて赤江は『声だけアナウンサーの声として、いい声で言うから、めちゃくちゃ腹立つ!』とまで発言。長谷川が“元テレビ局アナウンサー”であることを痛烈に批判したのです。これまで放送業界では長谷川のアナウンサーという肩書を表立って批判することは避けられてきましたが、事が差別発言にまで至ったことで、もはや“同業者”の括りでかばう気も失せたということでしょう。この赤江の批判をきっかけに、今後は他の番組でも長谷川に対して《元アナウンサーなのに》という形での批判が続出するのではないでしょうか」(放送作家)

 その“いい声”ゆえに、講演会や街頭演説で活躍していた長谷川だが、今ではその美声がかえってアダになってしまったようだ。

(金田麻有)

関連記事(外部サイト)