吉岡里帆の“ゴックン”シーンが艶すぎる!飲み下すのに難儀する場面に騒然

吉岡里帆の“ゴックン”シーンが艶すぎる!飲み下すのに難儀する場面に騒然

吉岡里帆の“ゴックン”シーンが艶すぎる!飲み下すのに難儀する場面に騒然

 女優の吉岡里帆が5月28日放送の「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)にゲスト出演。そこで行ったゲームが艶っぽすぎるとして話題になっている。

 吉岡は番組の終盤に映画「パラレルワールド・ラブストーリー」の告知をかけて、お笑い芸人の「きつね」とレモンの早食いで競い合った。告知がかかっているとあって、吉岡は本気モード。開始と同時にカットされたレモンを次々と口に押し込んでいった。問題はこの後、レモンを飲み込むシーンだ。

「ルールは『レモンを飲み込むまでの時間を競う』だったので、吉岡は口に入れたレモンを必死に飲み込もうとしたんです。ですが、一気に口に入れたこととすっぱさもあって、飲み下すのにかなり難儀していました。その様子が男性に“おクチで奉仕”して“精”を飲み込むところを想像させると評判になっているんです。飲み込むのは慣れていないとたいへんですからね。これはいわば吉岡の“ゴックン”シーン。興奮した男性も多かったようです」(芸能ライター)

 さらにもうひとつのルールが艶度に拍車をかけた。飲み込んだことを証明するため、おクチを開いて中を見せるというルール。吉岡はレモンを飲み込んだ後、かわいいおクチを開いて喉の奥までテレビにさらけだしたのだ。

「飲んだ後でおクチを開いて、それを証明するというのは、艶系動画でよく見るシーンです。『ちゃんとゴックンしたよ』と男性に教えるために…。吉岡の行動はそれを思わせると話題になっています。番組制作サイドは、こうした反響を狙ってルールを設定したとしか思えません」(前出・芸能ライター)

 同番組は動画配信サービスで視聴可能なので、見逃した!と気になる人は見てみてはいかがだろうか。

関連記事(外部サイト)