「またやらかした!」笠井信輔の殺傷事件現場ストップウオッチ検証に非難轟々

「またやらかした!」笠井信輔の殺傷事件現場ストップウオッチ検証に非難轟々

「またやらかした!」笠井信輔の殺傷事件現場ストップウオッチ検証に非難轟々

 5月29日放送の「「とくダネ!」(フジテレビ)での笠井信輔アナの行動に非難が殺到している。

 笠井アナはこの日、前日に川崎市で起きた殺傷事件の現場で生リポート。容疑者が犯行から自死するまで10数秒しかかかっていないとする警察発表を取り上げ、ストップウオッチを片手に歩きながら検証を行ったのだ。

「笠井アナは『ここから十数秒でその犯行が可能なのかどうか。実際に時間を計ってみたいと思います!』『ここまでで42秒です!小倉さん、どう思われます?』と鼻息荒くリポートしていましが、視聴者からは《何秒で切りつけたのかの再現に何の意味がある》《気分が悪くなるからやめろ》《その検証必要ないだろ》といった、嫌悪感を抱く声がネット上に殺到したんです。当然ながら現場の指示で笠井アナがこのような見せ方をしたのかもしれませんが、笠井アナ自身のアイディアでやることになった可能性もある。いずれにせよ《また笠井がやらかした》との声が絶えないんです」(ネットウオッチャー)

 笠井アナといえば3月、東日本大震災から8年が経過した被災地の様子を生中継でリポートした際、仮設住宅の部屋にノックなしで上がり込み、雨でズブ濡れのまま家族に取材。そのドタバタぶりが視聴者の不快感を買い、猛バッシングにさらされたばかりだ。

「そうしたことから今回も叩かれまくっているのですが、『とくダネ!』では司会の小倉智昭が病気の治療のために昨年11月からとった一時休養以降、健康上の問題も考慮して小倉の指名により伊藤利尋アナが加わったとされ、これにより笠井アナは番組上で出番が減り、企画選定など制作面での発言力が増しているそうです。ただ、そのためか時折務める外でのリポートとなると、ハネを伸ばすかのごとくはりきり、その様子がまた視聴者にウザがられるようなのです」(夕刊紙記者)

 いっそのこと、完全に裏方に回ったほうがいいのでは。

関連記事(外部サイト)