宇多田ヒカルによって認知度が高まった「過剰運動症候群」とは

宇多田ヒカルによって認知度が高まった「過剰運動症候群」とは

宇多田ヒカルによって認知度が高まった「過剰運動症候群」とは

 5月23日に自身のツイッターで「過剰運動症候群」と診断されたことを明かした宇多田ヒカル。宇多田は〈よく筋肉痛めるなあと思って整骨院行ったら見事な過剰運動症候群だって言われた〉〈なんで36になるまで気づかなかったんや…〉と嘆きながらも〈子供の頃からやたら体柔らかくて筋肉痛めやすい人はこれの可能性高いかも〉と呼びかけた。〈あ、病気とかじゃないよ! ただ関節が普通より柔らかいってだけね〉と補足し、ファンを安心させたのだが、いったいどんな症状なのだろうか。

「宇多田は病気ではないと言っていますが、過剰運動症候群は難治性疾患と呼ばれる、れっきとした病気なのだとか。簡単にいえば、関節の可動域が広いことから周辺の筋肉を傷めやすく、そのことが他の関節に影響を及ぼす可能性がある病気なのだそうです。見た目には異常がないため、宇多田のように見過ごされてしまう場合も多いと聞いています。しかし宇多田の呼びかけによって、この病気が広く知られるようになったことは確かでしょう」(医療系ライター)

 ライブ後には会場にマッサージ師を呼び、施術してもらってから帰宅していたという情報もある宇多田。無理せず育児や歌手活動に臨んでほしい。

関連記事(外部サイト)