黒木華、岡田将生らとの飲み会写真が思い出させる“魔性のスキンシップ”

黒木華、岡田将生らとの飲み会写真が思い出させる“魔性のスキンシップ”

黒木華、岡田将生らとの飲み会写真が思い出させる“魔性のスキンシップ”

 東京・渋谷シアターコクーンで公演中の舞台「ハムレット」でヒロインのオフィーリアを演じている黒木華が、岡田将生や劇団EXILEの青柳翔らと飲み歩いているところを「女性自身」に撮られ、ちょっとした波紋を呼んでいるようだ。

 実は黒木だけでなく、岡田や青柳も同じ舞台に出演中。撮られた夜は、公演中盤に当たる日で、出演者だけでなくスタッフも交えた10人ほどの飲み会だったという。ネット上では「なんかムカつく」「黒木が男2人を従えてる感はないけど、なんで地味な黒木がイケメン2人と遊べるの?」「美人とかかわいいタイプじゃない女のほうが魔性の女と呼ばれてイケメンが周りに多い」など、黒木に対するトゲのある声が目立っているのだ。

「この写真から、黒木が昨年10月から今年3月まで番組ナビゲーター兼生徒役を務めていた語学番組『旅するフランス語』(NHK Eテレ)を思い出した人が少なくないことに驚きました。黒木はこの番組でフランスの美食を巡る旅をしていたのですが、登場するフランス人男性とのスキンシップが多く、他人との距離をすぐに詰めるタイプで甘え上手なのではとささやかれていたのです。そのことを指摘しつつ『だから女子には煙たがられるタイプ』といった声を多数見かけました」(テレビ誌ライター)

 7月スタートのドラマ「凪のお暇」(TBS系)で主演を務める黒木。空気を読みすぎて自滅し、そこから再生していくヒロインなだけに、女性からの共感は必須。はたして、黒木は演技力で女性が煙たがる“魔性感”を消すことはできるのだろうか。

関連記事(外部サイト)