「NEWS23デビュー」小川彩佳を「全力で潰す!」包囲網の“メラメラ現場”とは?

「NEWS23デビュー」小川彩佳を「全力で潰す!」包囲網の“メラメラ現場”とは?

「NEWS23デビュー」小川彩佳を「全力で潰す!」包囲網の“メラメラ現場”とは?

 6月3日からTBS系「NEWS23」のメインキャスターに就任した元テレビ朝日アナウンサーの小川彩佳(34)。だが、古巣では小川への怨嗟の声が渦巻いているという。

 テレビ関係者が証言する。

「業界の慣習からすれば小川の移籍は“だまし討ち”。完全にメンツを潰されてしまったテレ朝の内部では『全力で小川彩佳を潰すしかない』と殺気立っているんですよ」

 なんとも血なまぐさい話だが、

「要は彼女が出る『NEWS23』に数字を取らせないということ。6月からテレ朝による『小川潰し』が徐々に形になってくるはずですよ」(前出・テレビ関係者)

 いったいテレ朝は何を仕掛けてくるのか。

「第一段階として動いているのが、『NEWS23』が始まる23時ジャストに『報ステ』で新コーナーを設けるという計画。そこで小川への“刺客”として名前が挙がっているのが、彼女がテレ朝在籍中にとりわけ親身していた後輩の森川夕貴アナ(25)なんです」(前出・テレビ関係者)

 森川アナといえば、入社直後の16年4月からお天気キャスターとして同番組に出演している有望株だ。

「近くタイムテーブルを変更し、森川アナを全面に押し出すコーナーを23時ジャストにぶつけるという話です。テレ朝としては男性人気高騰中の森川アナが数字を持っていることを把握しているので、小川対策に最適だと判断したんですよ」(前出・テレビ関係者)

 より大胆な“迎撃プラン”も現実味を帯びているという。

「昨年10月、終了時刻を5分繰り下げて23時15分にしましたが、秋の改編でさらに20分繰り下げしてはどうか、といった話が出ているんです。放送時間の延長は、少しでも『NEWS23』に圧力をかけたいとの思惑があるはず」(前出・テレビ関係者)

 小川への対抗心を燃やすのは古巣のテレ朝に限らない。6月4日発売の「週刊アサヒ芸能」6月13日号では民放各局の小川対策について、視聴率バトルの舞台裏を徹底リポートしている。

関連記事(外部サイト)