土屋太鳳、実姉がミス・ジャパン東京大会で優勝するも“冷ややか意見”続出!

土屋太鳳、実姉がミス・ジャパン東京大会で優勝するも“冷ややか意見”続出!

土屋太鳳、実姉がミス・ジャパン東京大会で優勝するも“冷ややか意見”続出!

 6月3日、都内で「2019年ミス・ジャパン」コンテスト東京大会の最終選考が開催され、土屋太鳳の実の姉である「炎伽(ほのか)」がグランプリを獲得。東京代表として選出され、妹の太鳳、弟で声優の神葉(しんば)の3人で記念撮影に応じたが、その様子に「冷ややかな指摘」が続出している。

「現在、富士通のチアリーダー部・フロンティアレッツのメンバーとして活動する炎伽は、太鳳のインスタにも時折登場し、すでに注目されている美人の姉。選考会終了後に芸能界入りについて質問されると、『私らしく輝く場所があったら』『弟も含め、いつか姉弟3人で共演するのが夢です』と、すでに芸能界に入る気満々とも取れる受け答えをしていましたね」(芸能レポーター)

しかしネット上では、〈26歳、身長155センチでグランプリには違和感〉という選考そのものに対するツッコミに始まり、《「私らしく輝く場所があったら」っていう上からの言い回しが太鳳に似てて嫌い》〈もし芸能界入りしても姉妹で叩かれることは間違いない〉など、散々な言われようだ。

「非常に紛らわしいのですが、『ミス・ジャパン』は過去に同名の大会があったものの、『ミス・ユニバース・ジャパン』でも『ミス日本』でもなく、今年から新たに作られた大会で、主催者側も盛り上げるための話題性が欲しかったことは事実でしょう。炎伽も、芸能界へのデビュー前に一つ“箔”をつけたかったとも思われますが、太鳳の姉として売り始めたとしても、その太鳳の同性人気は最悪。かなりの覚悟を要するかもしれません」(芸能界関係者)

 はたして炎伽が芸能界で「輝く場所」は用意されるのだろうか。

関連記事(外部サイト)