妻夫木聡、「妻・マイコが選んだ勝負肌着」明かす仲睦まじさに視聴者ホッコリ

妻夫木聡、「妻・マイコが選んだ勝負肌着」明かす仲睦まじさに視聴者ホッコリ

妻夫木聡、「妻・マイコが選んだ勝負肌着」明かす仲睦まじさに視聴者ホッコリ

 去る5月31日に、「あさイチ」(NHK)では金曜恒例“スペシャルトーク”コーナーのゲストにネットがざわついた。俳優・妻夫木聡が出演し、勝負アンダーウエアをはいていること、匂いについての偏愛などについて明かし、妻で女優のマイコとの仲睦まじいプライベートな部分も垣間見られ、反響を呼んだのだ。

 ネット上で〈ブッキー朝から壊れてるwww〉などといった視聴者からの驚きのコメントがあいついだ勝負アンダーウエアの話はまず、近江友里恵アナが妻夫木について、舞台の初日などはゲンを担いで勝負アンダーウエアをはいてくるというマネージャーからのコメントを紹介したことから始まった。「これは本当でしょうか?」と妻夫木に尋ねると、「そうですね。はきますね」と答えるとかつて、妻のマイコからもらったJAWS(ジョーズ)のアンダーウエアが勝負肌着だったと答えた。何でも、「“上手(=ジョーズ)”にできるようにっていう…」とのゲン担ぎだったそうだが、「穴がだんだん開いてきちゃって、自分で縫ったりとかもしてたんですけど、なんか穴が開くってイヤだなって。“舞台の穴が開く”みたいな感じでイヤだな、みたいな感じになってきて。新しいパンツを買ったんすよ、『JAWS』の!」

 さらに続けて、〈最近、ここぞ!という勝負時、ありましたか?〉という視聴者から届いた質問とともに、「例えば、今日なんかは?」と突っ込まれると、「今日はなんていうか、リラックスできる用のパンツ…。大丈夫かな? これ生放送ですよね…」と心配しつつも、「ちょっと花柄っぽいような…」とその肌着の柄まで明かすサービスぶりだった。

 また、柔軟剤を始めとした“匂いフェチ”であることも白状。きっかけは、母親の髪の毛の匂いが好き過ぎてシャンプーなどを買ってきては、それを枕に塗りたくって試していたからだとか。今現在は、アロマオイルによく使われるラベンダーの香りが特にお気に入りで、妻・マイコもアロマなど香りに凝っており自分よりも詳しいので一緒にいろいろと試しているそうだ。博多大吉が「趣味が同じで良かったですね〜」などと投げかけると、顔面をくしゃくしゃにして照れながらうなずいた。芸能ライターが話す。

「俳優としてブレイクすると、急にこだわりの個性派路線に進んだり、トーク番組の司会など他分野にまで幅を広げるといったパターンが多いものですが、その点、妻夫木は、俳優デビュー以前にモデルをやってはいたものの、その後はほぼ俳優1本。あえて、デビュー時より、“アイドル”というイケメン押しでの売り方をしなかった所属事務所の戦略も功を奏した。ネットでは、≪妻夫木くん、いい意味でほんとに普通の男の人なんだよね。彼の作品を撮った監督も言ってたけど『佐藤健はいろいろ指示するとマジメに文句言わず取り組むのに、妻夫木は“えー。マジでー。早く帰りて──。”とか平気で言うとかインタビューで読んだ気がする≫などというコメントが見られました。むしろ私たち庶民と同じ感覚を持ち続け、人間くささを感じさせるところが人気の秘密なのでしょう。一方で、みずから志願して役をゲットしたという映画『悪人』(2010年、李相日監督)など「屈託のない優男風の笑顔の裏に潜む苦悩」、といった難しい演技もこなし、本格派の役者へと確実に脱皮しつつある。デビューから一貫して、少年っぽさと清潔感を保ち続ける稀有な俳優が、今後はどんな進化を遂げていくのか興味深いですね」

 俳優・豊川悦司とダブル主演する日台合作映画、「パラダイス・ネクスト」の公開(日本では7月27日より)が待たれるが、ブッキーの民放での目立った連ドラ出演はここ数年ないため、〈久々に月9や日曜劇場なんかの連ドラに主演として出た姿が観たい!〉といった声もあり、大いに気になるところである。

(島花鈴)

関連記事(外部サイト)