YOSHIKIがキャラクター大賞で惨敗!敗因はいったい何か?

YOSHIKIがキャラクター大賞で惨敗!敗因はいったい何か?

YOSHIKIがキャラクター大賞で惨敗!敗因はいったい何か?

 毎年恒例の「サンリオキャラクター大賞」の結果が、6月4日に発表された。これはサンリオのキャラクターの人気ナンバー1を決めるもので、ファンの投票によって決定される。毎年、サンリオキャラクターのファン以外からも注目を集め、特にX JAPANのファンは目を離せないランキングだ。YOSHIKIがキティに扮した「YOSHIKITTY」がエントリーしているからである。

 YOSHIKIはYOSHIKITTYを大賞にしようと、ツイッターやインスタグラムで〈全てのデバイスで毎日投票〉と呼びかけてきた。その努力も実らず、今年は8位に終わった。

「YOSHIKITTYは昨年3位、一昨年は7位にランクイン。毎年、着実にランクアップしてきたのですが、今年は惨敗してしまいました。敗因はYOSHIKIが公約を掲げなかったことだと言われています」(週刊誌記者)

 YOSHIKIは昨年、「YOSHIKITTYが1位になったらX JAPANの新アルバムをリリースする」と公約を掲げ、ファンに投票を呼びかけた。X JAPANのアルバムは約9年前にYOSHIKIが発売を名言したものの、いまだにリリースされていない。それが発売されるとあって、ファンは必死に投票。3位躍進につながった。ところが今年は公約されることはなく、それがファンのモチベーションを下げたと見られているのだ。

「8位という結果は残念ですが、実はYOSHIKITTYの獲得票は昨年と変わっていないんです。昨年は46万5907票で今年は46万9184票ですから、むしろ増えている。それでも順位が下がったということは、他のキャラクターの獲得票が増えたということ。キャラクター大賞が広くファンに知られるようになったのか、それともサンリオファンの『YOSHIKITTYに負けるな』という意地なのか。ひとつ言えるのはYOSHIKIのファンは今年もがんばったということです」(芸能ライター)

 総合順位は8位に終わったが、中国でのランキングは総合1位のキティや同3位のポムポムプリンを抑えて3位にランクイン。YOSHIKIの影響力と人気はまだまだ健在であることを見せつけた。

関連記事(外部サイト)