“PET検査有無で裁判はない”西川史子が高視聴率「白い巨塔」に指摘した“異議”

“PET検査有無で裁判はない”西川史子が高視聴率「白い巨塔」に指摘した“異議”

“PET検査有無で裁判はない”西川史子が高視聴率「白い巨塔」に指摘した“異議”

 岡田准一主演で、テレビ朝日が5夜連続で放送した特別ドラマ「白い巨塔」。視聴率は第1回12.5%でスタートし、第2回11.8%、第3回12.2%、第4回13.5%と堅調に推移し、5月26日の最終話は15.2%を記録した。

 だが、このドラマに医師でタレントの西川史子が医師として見過ごせないポイントを、ドラマ終了後に更新した自身のインスタグラムで指摘しているという。

「インスタグラムには原作本である山崎豊子の新潮文庫全5冊の写真とともに、長いコメントが添えられています。西川は《医師にとって「白い巨塔」は特別な作品です》とし、西川自身、田宮二郎の財前教授がいちばん心に残っているそうで、唐沢寿明主演版も《20年選手の外科医からも特に所作が素晴らしいと言われていました》とつづっています。

西川は今回の作品も視聴し、岡田の演技に《毎夜心を打たれました》と絶賛。ところが、《教授以下の医師達の意見が全く無視されたり、必ず行っているはずの術前のPET検査の有無で裁判ということは現在ではありません》と指摘。《山崎豊子先生の当時のお考えを優先されたのだと思います》としながらも、《これによって病院や医師への信頼を損ねてしまったらと危惧しますが、どうぞ、受け持ちの先生を信じてください》としています」(ネットライター)

 原作は1963年から65年にかけて書かれた作品で、今回の作品は2019年の設定に変更されている。書かれた時代背景を完全に踏襲するのでなければ、綿密な設定の検証が求められる、ということのようだ。

(伊藤その子)

関連記事(外部サイト)