石田ゆり子の「猫のおやつ問題」が再燃!インスタが「プチ炎上」していたッ

石田ゆり子が、預かった猫に成猫用のおやつを与えインスタグラムがプチ炎上

記事まとめ

  • 石田ゆり子が、動物病院で保護されていた子猫を育てることになったと明かした
  • 石田が子猫に成猫用のおやつを与える動画を投稿し、プチ炎上状態に
  • 「石田は猫を何匹も育てており、他人が心配する必要はないでしょう」と週刊誌記者

石田ゆり子の「猫のおやつ問題」が再燃!インスタが「プチ炎上」していたッ

石田ゆり子の「猫のおやつ問題」が再燃!インスタが「プチ炎上」していたッ

石田ゆり子の「猫のおやつ問題」が再燃!インスタが「プチ炎上」していたッ

 女優の石田ゆり子のインスタグラムが、のおやつを巡って「プチ炎上」する事態になっている。しかも、おやつ問題で炎上するのは2回目だ。

 石田はペットの写真を投稿する第2のアカウントで、一時的に子猫を育てることになったと明かしている。これは動物病院で保護されていた猫で、真菌と風邪の治療のため隔離されていたのを石田は知り、完治するまで預かることにしたのだという。6月15日以降、この子猫の写真や動画がいくつも投稿された。

 問題となったのはそのうちの1つ、6月17日に投稿された動画。石田が子猫に、スティックタイプの猫用のおやつを与えているシーンが映っている。

「このおやつは石田が『ちゅーる』と呼んでいる猫用おやつで、猫が夢中になって食べることで知られています。ただ、これを食べることでお腹がいっぱいになり、食事を食べなくなることがあるため、与えすぎはよくないとされています。特に生後まもない子に食べさせるのは、おすすめされていません。それを指摘するコメントが相次ぎました」(週刊誌記者)

 しかも、石田が与えているのは成猫用。この商品は1歳までの子猫用があり、そちらを与えるべきだとの指摘もある。成猫用と子猫用では栄養素とカロリーが違うからだ。そんな指摘に対し、「猫好きの石田さんはそんなことちゃんとわかっている」「いちいち口出しせず石田さんにまかせるべき」と反論する人も現れ、「プチ炎上状態」になっているのだ。

「昨年8月にも、この、『猫のおやつ』を巡って問題になっています。この時、石田は双子の子猫をひきとり、育てていました。双子におやつを与えたところ、同様の批判を浴びたんです。石田は特に反応を示さず、時間とともに風化しました。今回も同じ対応でしょう。そもそも、石田は猫を何匹も育てていますから、他人が心配する必要はないでしょう」(前出・週刊誌記者)

 石田ゆり子はこの子猫に、「ばぶお」という一時的な名前をつけてかわいがっている。ばぶおの成長が楽しみだ。

関連記事(外部サイト)