ゆりやんレトリィバァ「海外挑戦」に「日本をあきらめただけ」指摘!

ゆりやんレトリィバァ「海外挑戦」に「日本をあきらめただけ」指摘!

ゆりやんレトリィバァ「海外挑戦」に「日本をあきらめただけ」指摘!

 女芸人・ゆりやんレトリィバァの「海外挑戦」が注目を集めている。

 先日、アメリカの人気オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」に参加した彼女。角刈りのカツラとアメリカ国旗柄の水着を着てダンスパフォーマンスを披露した。惜しくもオーディションには不合格だったものの、彼女の物怖じしないパフォーマンスはインパクト絶大。番組公式YouTubeにアップされた彼女の動画が10日間で750万再生を記録したほか、日本でもネットニュースを通じて大きな話題となった。

 アメリカで爪痕を残したゆりやんについて、一足先にニューヨークを拠点に活動している渡辺直美と比較する見方も広がっている。お笑い関係者が語る。

「もともと、彼女は英語がペラペラという強みがあり、デビュー当時から海外進出は頭にあったはず。語学面では渡辺よりも圧倒的に有利ですよ」

 さらに「動画を見るに“失笑”が大半としてもウケていたことに変わりはない。今回の海外デビューはなかなかの結果と言っていいでしょう」と語る同関係者だが「もっとも、お笑い界では冷ややかな見方も強いんですけどね」と明かす。

 いったいどういった見方なのか──。

「『日本で売れるのをあきらめただけ』との見方です。彼女は国内でバラエティやCMに出ているものの、長らく“吉本のゴリ押し”と言われ続けてきた。海外挑戦の背景にそうした環境を一変させる意図があるのは間違いありません」(前出・お笑い関係者)

「世界のゆりやん」になる日は来るか。

(牧マコト)

関連記事(外部サイト)