榮倉奈々、「女優をやりたいと思ってなったわけじゃない」発言で見せた“勝気”

榮倉奈々、「女優をやりたいと思ってなったわけじゃない」発言で見せた“勝気”

榮倉奈々、「女優をやりたいと思ってなったわけじゃない」発言で見せた“勝気”

 6月28日公開の映画「それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫」にバニラ姫役の声優として出演する榮倉奈々。榮倉が声優を務めるのは10年2月公開の映画「コララインとボタンの魔女 3D」でのコラライン・ジョーンズ役の吹き替え、15年4月公開の映画「名探偵コナン 業火の向日葵」での宮台なつみ役に続き3度目となる。

 ティーン向けファッション誌「SEVENTEEN」の専属モデルから女優へと転身したいわゆる“元モデル女優”の榮倉だが、6月25日放送の「バゲット」(日本テレビ系)出演時の発言が、ちょっとした波紋を呼んでいるようだ。

 榮倉はこの日、「アンパンマン」の新作映画を宣伝するために同番組に出演。芸能界デビューのきっかけから現在までを振り返るトークを交わす中で、番組MCの青木源太アナに「モデルから女優に転身した理由」を質問されると「女優になりたいと思ってなったわけじゃなくて。モデルをやっているといろんなオーディション(の案内)がたくさん来るんです。それを受けているというか…」と表情を曇らせながら回答。すかさず青木アナがおどけた感じで「流されて女優さんになったということですね」と、笑いを誘うように持っていこうとするも、榮倉は否定とも肯定とも受け取れるアイマイな表情を浮かべるのみだった。

「榮倉はおとなしそうに見えて実は気が強いことで知られています。この時もおそらく、自分の意志でモデルから女優になったのではなく、モデルの自分に“オファーが来たから女優をしているだけ”だと言いたかったのではないでしょうか」(女性誌記者)

 今月で2歳になったばかりの子どもの母でもある榮倉。母になっても「勝気な性格」は独身の頃と変わらないようだ。

関連記事(外部サイト)