「水ダウ」放送事故より深刻?板東英二の「有吉反省会」に視聴者から心配の声

日本テレビ系『有吉反省会』で、板東英二が大谷翔平の名前すら答えられず心配の声

記事まとめ

  • 日本テレビ系『有吉反省会』で、板東英二が選手の名前を知らない疑惑が取り上げられた
  • 板東は大谷翔平の名前すら答えられず、「認知症ではないのか」と心配する声が出ている
  • TBS系『水曜日のダウンタウン』では、板東は仕掛け人に怒りVTRが大部分カットとなった

「水ダウ」放送事故より深刻?板東英二の「有吉反省会」に視聴者から心配の声

「水ダウ」放送事故より深刻?板東英二の「有吉反省会」に視聴者から心配の声

「水ダウ」放送事故より深刻?板東英二の「有吉反省会」に視聴者から心配の声

 6月29日に放送されたバラエティ番組「有吉反省会」(日本テレビ系)に、タレントの板東英二がゲスト出演した。番組では、板東が野球選手の名前をまったく知らないことを明かされたという。

「板東は過去、甲子園に出場後、プロ野球選手として活躍。引退後は俳優やタレントとして活動し、現在は野球解説者なども務めています。しかし番組によれば、板東は解説にて『このピッチャーは不利』『こういうバッターはイヤ』といっさい名前を呼ばないため、選手の名前を知らない疑惑が浮上。実際、スタッフが写真見せてみると、ほぼ答えることができませんでした」(テレビ誌記者)

 そんな板東といえば、先日放送されたバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)のドッキリ企画で、仕掛け人に激怒し、VTRの大部分がカットとなった。この放送は翌日以降、様々なネットニュースで取り上げられ、バラエティタレントとして再ブレイクする可能性も浮上。しかしテレビ関係者の間では、彼の起用に関して慎重になっている流れがあるという。

「今回の『有吉反省会』で板東は、野球に詳しくない一般人でも知っている大谷翔平の名前すら答えられませんでした。すると視聴者からは『認知症ではないのか?』といった心配の声が殺到。この可能性は、すでに業界でも噂されていたようで、6月28日発売の『週刊現代』によれば、各局のプロデューサーは彼の扱いについて慎重に構えているとのこと。ただの演出で激怒しているだけなら問題ありませんが、万が一認知症の初期症状だった場合、病人を笑いものにしているとして問題になってしまうため、うかつなことはできないようです」(前出・テレビ誌記者)

 今年で79歳を迎えた板東。まだまだテレビで元気な姿を見せてほしいが、記憶に関してイジる演出はリスクがあるかもしれない。

関連記事(外部サイト)