「大げさでは?」石原さとみの“モテエピソード”にあがった疑問の声!

「大げさでは?」石原さとみの“モテエピソード”にあがった疑問の声!

「大げさでは?」石原さとみの“モテエピソード”にあがった疑問の声!

 7月4日、女優の石原さとみが「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に出演。学生時代の友人らの証言や本人のコメントから、中学生時代の数々のモテエピソードが明らかになったのだが、〈ホントにそこまでモテたのか?〉と疑いの声があがっている。

「中学時代の同級生によれば、石原には『男子はクラスや学年関係なく片っ端から惚れていた』そうで、本人もその自覚があったという。さらに2年の時がモテ期のピークだったようで、2人から同時に告白されたり、『学校へ行こう!』(TBS系)の“未成年の主張”企画さながら、校舎の屋上から告白をされたこともあったそうです」(テレビウオッチャー)

 確かにそりゃそうだろうと思いきや、ネットでの視聴者の反応は微妙で、〈ちょっと大げさでは〉〈デビュー当時はそこまで可愛くなかったが〉〈昔は芋っぽかったよね〉〈綺麗になったのはここ数年だよな〉との指摘が多くあがったのだ。

「ホリプロスカウトキャラバンの『ピュアガール2002』でグランプリを獲得した時や、その前に俳優養成所に所属していた際の映画出演時を振り返ると、確かに彼女は地味なイメージでしたからね。見抜いた事務所はさすがといったところですが、そもそも石原が芸能界デビューを決断したきっかけが、先輩に何度も告白してフラれまくり見返してやろうと思ったことだと本人も語っており、完全無欠のモテぶりではなかった。それだけ芸能界に入り仕事にオトコに磨き抜かれて、今があるということです」(夕刊紙記者)

 そんな石原は最終的に、「SHOWROOM」の前田裕二社長を選ぶことになるのか。

関連記事(外部サイト)