このまま行けば肝っ玉母さんキャラに?橋本環奈、「肉感的進化」の“是非”

このまま行けば肝っ玉母さんキャラに?橋本環奈、「肉感的進化」の“是非”

このまま行けば肝っ玉母さんキャラに?橋本環奈、「肉感的進化」の“是非”

 女優の橋本環奈が9月6日、主演映画「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」の都内で行われた公開初日舞台挨拶に登場。その際の発言にツッコミがあがっている。

「橋本の役どころは“高すぎるプライドが邪魔をして告白できない生徒会副会長”。そこで橋本が、プライベートでのプライドが邪魔するエピソードに触れ、意外とも思える一面を見せたんです」(芸能記者)

 橋本は自宅にいる際、「玄関には靴を1足しか置かないとか、バスタオルは干して乾かしてからじゃないと洗濯しないとか、洗面台に何も置かないとか。なぜかそれを自分に課している」などと、厳しい“マイルール”を課しているのだという。

 そのため、「家でも気を抜くことができない」としたのだが、これにネット上で、〈なぜ体型の管理はできない!〉という意見が殺到したのだ。

「2013年の“奇跡の1枚”の写真の拡散により、“千年に一人の逸材”などともてはやされてから6年が経ち、そのボディはすっかりオトナになった橋本ですが、昨今は肉感的ぶりがエスカレートして、パツパツ具合が目立つようになり、この日の舞台挨拶でも顎回りや二の腕、お腹などの肉付きが気になりましたね」(前出・芸能記者)

 そうしたことから今回も、〈透明感がなくなった〉〈自分を甘やかしすぎ〉〈プロ意識がない〉といった厳しい声まであがっている。

「20歳になったばかりの橋本は、近頃、みずからビール党であることを公言し、その酒豪ぶりはハンパではないという話。しかも以前、『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演した際、共演した友人の、きゃりーぱみゅぱみゅにハラの座り具合をうらやましがられ、バッシングに遭っても『全然気にしないっすね』と、豪快に米を食べる様子を明かされていましたからね。周囲の体型についての意見など、ハナから聞く気もないのでは。マイルールの話にもあるように、本人がマズイと思えば、ストイックに痩せる努力をするタイプなのでしょう」(夕刊紙記者)

 このまま肝っ玉母さんキャラになる橋本もおもしろいかも。

関連記事(外部サイト)