追悼・安部譲二「場外乱闘」5番勝負(2)芸能史の謎に塀の中で肉薄

追悼・安部譲二「場外乱闘」5番勝負(2)芸能史の謎に塀の中で肉薄

追悼・安部譲二「場外乱闘」5番勝負(2)芸能史の謎に塀の中で肉薄

 さらに安部は勝負師としてタイソンに食らいつく。

安部 よう、チャンプ。何ラウンドのKOに賭けときゃいいんだい?

タイソン そんなこと言われてもわからないよ(笑)。

安部 オレは5ラウンドに賭けたけど、大丈夫かしら。

タイソン OK!それならあんたは億万長者だ(笑)。

安部 サンキュー!

 残念ながらタイソンが初黒星を喫したため“億万長者”にはなりえなかった。

 再び安部の人生を振り返ると、75年に拳銃不法所持や麻薬取締法違反で実刑判決を受け、府中刑務所で4年間服役する。海外などとも合わせ、通算で8年のムショ暮らしとなったが、この経験をもとに書いたのが「塀の中の懲りない面々」(86年)だった。

「金が入ってくるというのは、カミソリの刃を毎日替えられるんだよ」

 売れっ子となった実感である。作家デビューの同書はベストセラーとなり、87年に映画・ドラマ化され、同年の「流行語大賞」にも輝く。

 実は最初の懲役が意外に長引いた理由を、週刊アサヒ芸能の対談で打ち明けている。安部が大ファンであり続けたアイドル・岡田奈々を迎えた時のこと。

岡田 18歳の時に一度、事件があって。

安部 あっ、知ってる。

岡田 変質者が入って来て‥‥怖い思いをしたんですよ。

安部 実はオレ、そいつと小菅の未決(拘置所)で一緒になったことがあるんだよ。あいつは、ほぼ一生残るほどのケガをしてるよ。

岡田 えっ!

安部 そのことをあいつが言ったから、オレの刑があと3年増えるような目にあわしたの。

 77年5月に起きた「岡田奈々マンション監禁事件」は、今も犯人が逮捕されていない。安部の衝撃告白に岡田は目をみはった。

岡田 もう、あの時はほんとにショックで、絶対に芸能界を辞めてやろうとか、いろいろ悩んだんです。

安部 あなたのあったひどい目の8倍くらいはやっつけてやったけど、やつも必死だから、オレも手をかまれたんだよ。

岡田 えっ、そんな。

安部 あの野郎、かみつきやがって。だからあいつは犬歯が1本ねえはずだよ。手に食い込んで取れちゃったんだから。もう、傷は癒えたよね。

岡田 はい。安部さんにそう言っていただいたら、もう怖いものなしです(笑)。

 岡田は対談の直後、安部へのお礼として原作映画「塀の中のプレイ・ボール」(87年、松竹)への出演を決めている。安部にとって「女神」と呼ぶほど憧れの美女に対し、いつになく上ずった対談だったという。

関連記事(外部サイト)