小手伸也、「不貞」騒動であの古き良き家庭描いた出演作に致命的ダメージ!?

小手伸也、「不貞」騒動であの古き良き家庭描いた出演作に致命的ダメージ!?

小手伸也、「不貞」騒動であの古き良き家庭描いた出演作に致命的ダメージ!?

“遅咲きブレイク俳優”として活躍する小手伸也の「独身偽装不貞」が大騒動に発展している。

 近年、ドラマ「コンフィデンスマンJP」や「SUITS/スーツ」(いずれもフジテレビ系)といった作品で一躍人気俳優の仲間入りを果たした小手。10月9日に「SNSで知り合ったファンに独身であると偽り、男女関係を持っていた」と「週刊文春デジタル」に報じられた後、所属事務所の公式サイトで謝罪文を発表した。

〈全ては私の不徳の致すところ、自身の未熟さを痛感して、家内からもかつて無い程叱られ深く反省を致しております〉と神妙に綴ったのだが──。

「本人はもちろん彼が出演する作品にとってのダメージも大きいですよ」と指摘するのはテレビ関係者だ。こう続ける。

「独特の存在感で作品のスパイスとなっていましたが、彼の『好感度急降下』により『作品まで嫌いになった』という視聴者も少なからずいるでしょう。中でも、今、最も頭を抱えているのが『実写版サザエさん』の関係者ですよ」

「実写版サザエさん」とは11月24日放送にフジテレビ系でスペシャルドラマとして放送される「磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜」のことである。

 サザエ役の天海祐希、マスオ役の西島秀俊らとともに、小手も穴子さん役での出演が発表されている。

「古き良き家庭像を描く『サザエさん』のキャストが『独身偽装不貞』をしていたなんて致命的ダメージですよ。急きょ、小手の代役を立てて撮り直しもできる時期だけにフジとしては悩ましいところです」(前出・テレビ関係者)

「遅咲きブレイク俳優」の大失態であった。

 (川瀬大輔)

関連記事(外部サイト)