黄金の「フェロモングループ」復活祭(4)ギリギリガールズ、ピンクサターンは…

黄金の「フェロモングループ」復活祭(4)ギリギリガールズ、ピンクサターンは…

黄金の「フェロモングループ」復活祭(4)ギリギリガールズ、ピンクサターンは…

 フェロモングループの多くは、短時間で集められたメンバーだった。さらに浮かれた時代の空気にあおられて、忘れられない事件も多発したのだ。

 スキャンダルの宝庫と呼べたのが、ブームのトップランクに君臨した「ギリギリガールズ」(91年デビュー)だ。その代表が、ミスチル・桜井和寿と結婚した吉野美佳(48)だろう。

「桜井には不遇時代から支えた糟糠の妻がいましたが、吉野が不倫の末に桜井に離婚を決意させました」(芸能レポーター)

 桜井との略奪婚は00年だが、今なお豪邸建設を巡って高級住宅街の近隣住民と衝突するなど、トラブルは絶えない。

 同じメンバーだった樹あさ子(48)は、体操銀メダリストの池谷幸雄と94年に結婚したが、わずか4年で離婚。その樹に関しては、もちづきる美(47)が、かつてアサ芸にこんな証言を残している。

「樹がすんごいわがままで『私がセンターじゃなきゃイヤ』とダダをこねる。スタッフが割り当てた水着が気に入らないと、最年少の荒井美恵子(47)に『美恵子はこっちにしい』と勝手に割り当て、もともと気が弱い美恵子は情緒不安定になっていった」

 ギリギリが当時最大の「犬猿の仲グループ」と言われるゆえんだ。

 斉藤りさと同じ「セクシーメイツ」に所属した染谷まさ美(48)は、96年の突発引退後に次々と醜聞が飛び交った。

「舞台俳優と同棲しながら、不動産業者との二股交際も報じられた。さらに木村一八や羽賀研二、火野正平など、芸能界でも名うてのプレイボーイとの関係も発覚しました」(芸能レポーター)

 そんな染谷の名が大きく報じられたのは、さる新興宗教に洗脳され、一時は教祖として活動していた時。妖艶な姿はファンだけでなく、信者をもメロメロにさせていたようだ。染谷は現在、結婚して平凡な主婦として暮らしているという。

 94年にデビューした「ピンクサターン」は、大胆極まりない衣装で世を騒がせた。うら若き3人の乙女が身にまとっていたのは、ハイレグとTバックを融合させた史上初の「Tフロント」である。

 その後の「着エロブーム」の原型として先取りしたが、わずか3年で解散するなど、メンバーには大不評。アサ芸にもたびたび登場したが、発案者の事務所社長をメンバーが罵倒する姿が何度も目撃された。

 さらに、アイドル番組でレギュラーだった華原朋美や宝生舞から「ピンクサターンだけにはなりたくない」と白い目で見られたものである。

 最後は、イエローキャブが唯一手がけた「みるく」という3人組について触れておこう。まず話題となったのは、星野まり子(46)の発言だ。さるアイドルライターが言う。

「声を荒らげて『ストーカー被害に悩まされている。家に盗聴器が仕掛けられている』と繰り返したものの、売り出しのための自作自演ではないかとささやかれました」

 それ以上の衝撃が、堀口綾子が95年4月19日、22歳の若さで首つり自殺を図ったことである。

「その前月まで『スーパージョッキー』(日本テレビ系)のレギュラーを務めていましたが、降板直後の自殺で騒然となりました。仕事の方向性を巡って事務所と衝突したとか、男性問題で悩んでいたとか言われましたが、真相は今も藪の中です」(アイドルライター)

 一つの幕引きとなる象徴的な出来事であった──。

関連記事(外部サイト)