「KARA脱退から5年」知英が難役挑戦で撮影中に見せた「どすこい!」ド根性

「KARA脱退から5年」知英が難役挑戦で撮影中に見せた「どすこい!」ド根性

「KARA脱退から5年」知英が難役挑戦で撮影中に見せた「どすこい!」ド根性

「京都国際映画祭2019」最終日の10月20日、知英(ジヨン)の主演映画「どすこい!すけひら」(11月1日公開)の舞台挨拶が行われた。

 同名人気漫画を映画化したこの作品で、知英が演じるのは恋に鈍感なぽっちゃり女子。事故に遭ってナイスバディー美女に変身したことから起きる三角関係を描いたラブコメディーだ。見どころは知英のアッと驚く変身ぶり。周囲はもちろん本人も驚く変わりようだった。

「朝3時からぽっちゃり女子になる特殊メイクを開始。3時間がかりで完成させるんですが、ついついうたた寝してしまうそうです。で、起きた時目にするのは、まるで別人の自分。毎回『誰?』と混乱したそうです。撮影は昨夏ですが、連日の酷暑にもかかわらず、体重100キロ超えボディーにするため、ファットスーツを着込んだそうです。重たい素材で、ひとりでは身動きもままならず、おまけに物語の設定は冬。長袖にマフラーを巻いての冬服仕様はとにかく暑くて、サウナ状態だったとか。簡単に取り外しできないため、撮影中はずっとつけたままの体勢。体力勝負の日々を過ごしたそうです」(映画ライター)

 演出した宮脇亮監督によると「ものすごく暑かったと思うんですけど、いつもニコニコ楽しそうにやっていた。それが励みとなってスタッフも頑張れた」と知英のプロ根性に舌を巻いたという。

「舞台挨拶では、コンプレックスについてのトークがあったんですが、モデルとしても活躍するほど非の打ちどころのない美人なのに、コンプレックスに悩む日々を経験したそうです。ただし、悩みの次元が少々違ってましたね。何でもデカすぎる目が嫌でたまらなかったそうです。小さい頃、顔の半分が目というくらい大きかったため、『カエルちゃん』というあだ名をつけられたんだそうです。怖くなるくらい目が大きすぎたとか。そのためいつも目を半開きにして小さく見せようと努力していたというから、美人には美人なりの悩みがあったんですね」(芸能ライター)

 K−POPアイドルグループ「KARA」でデビュー。14年に同グループを脱退後は母国の韓国を離れ、単身日本に乗り込んだ。地道な努力で日本語を完璧にマスター。ドラマ、映画などで違和感なく日本人役をこなし、役作りのため英語と広東語を覚え、北京語にも挑戦中という頑張り屋の面を持つ。 

「同じ事務所は桐谷美玲や内山理名らが所属。結婚後、活動をセーブしている桐谷に代わって、知英が事務所の屋台骨を支えている形です。夢はハリウッド進出。そのためには『どすこい!すけひら』が大ヒット、知英の代表作にならないと…」(前出・芸能ライター)

“ド根性”が報われることに期待したい。

(塩勢知央)

関連記事(外部サイト)