桜井ユキ、「G線上のあなたと私」で見せた“胸押し付け”に視聴者クギ付け

桜井ユキ、「G線上のあなたと私」で見せた“胸押し付け”に視聴者クギ付け

桜井ユキ、「G線上のあなたと私」で見せた“胸押し付け”に視聴者クギ付け

 10月22日に放送された波瑠主演のテレビドラマ「G線上のあなたと私」(TBS系)第2話の視聴率が、8.8%だったことがわかった。同ドラマは、初回から視聴率をわずかに上げたという。

「『G線上のあなたと私』は初回、スポーツ中継で延長となった阿部寛主演『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)と時間が被り、視聴者が分散。視聴率は7.8%と厳しいスタートを切りました。しかし放送後、視聴者の間で『派手なシーンはないけれど良作ドラマ』『世代が違う登場人物たちの織りなす人間ドラマがおもしろい』と好評価が相次ぎ、視聴率も1ポイントアップに繋がったようです」(テレビ誌記者)

 そんなドラマの登場人物の中で、一部から注目を集めているのが、バイオリン教室の講師を演じる桜井ユキである。彼女といえば、過去の出演作品でクールな役柄が多かったものの、今回は清楚で色気のある女性を演じ、注目を集めているという。

「第2話では、中川大志演じる理人が、桜井演じるバイオリン講師に恋をしたキッカケを回想しました。そのシーンにて桜井は、思春期の理人役の少年に手取り足取り釣りを教えているのですが、密着しすぎて、彼の腕に彼女のバストが押しつぶされるほど当たっていたのです。すると、視聴者からは『これは好きになっても仕方がない!』『多感な時期に綺麗なお姉さんのバストのぬくもりはヤバイ』と興奮する声が殺到。そんな桜井と言えば昨年、映画『娼年』で、松坂桃李との濃厚すぎるベッドシーンが注目を集め、披露した胸の先端も『美しすぎる』と話題に。そのため、ドラマで桜井の魅力に気付いた男性視聴者が、彼女の過去の作品に興味を持つという状況となっています」(前出・テレビ誌記者)

 今後、もし中川と桜井の艶シーンなどがドラマで描かれることがあれば、さらに注目を集めそうだ。

関連記事(外部サイト)