愛猫は知っていた!?石田ゆり子、「残念な歌声」披露後の「痛感&悔恨」心情!

愛猫は知っていた!?石田ゆり子、「残念な歌声」披露後の「痛感&悔恨」心情!

愛猫は知っていた!?石田ゆり子、「残念な歌声」披露後の「痛感&悔恨」心情!

 女優の石田ゆり子が10月25日放送の「アナザースカイII」(日本テレビ系)に出演し、ふだん見ることができない素顔の自分を披露した。50歳とは思えない美貌から「奇跡のアラフィフ」と呼ばれ、そのライフスタイルが注目されている石田だけに、多くの人が番組を観たようだ。

 石田はパリで「のみの市」を訪れたり、映画の撮影時に通った料理店で舌鼓をうつ姿を披露している。その中で、フランス人のギタリストの演奏にのせて「愛の讃歌」を歌う場面があり、これも大きな反響を得ている。

「石田の歌はお世辞にも上手とは言えないものでした。かなり照れがあったように見えましたね。何より声量が足りません。あれは少し残念な場面でした」(芸能ライター)

 どうやらそれは石田本人も痛感していたようだ。石田はペットの写真を公開するインスタグラムで放送翌日の10月26日、愛猫のハニオの日記という形で歌を振り返っている。石田は〈おかーさんのうたはぜんぜんだめだ〉〈ぼくとれんしゅうしたときはおおごえだったのに〉と書いた。

「猫のハニオが日記を書くわけがありませんから、これは当然石田が書いたものです。やはり彼女も自分の歌はいまひとつだったと思っていることがわかります。うまく歌えずよほどくやしかったのでしょう」(前出・芸能ライター)

 妹の石田ひかりが音楽活動をして10枚のシングルと5枚のアルバムを出しているのに対して、1枚も出していない石田ゆり子。その理由はこんなところにあるのかもしれない。

関連記事(外部サイト)