太田光、「27時間テレビ」惨敗の“戦犯扱い”の裏で意識していた「使命感」とは?

太田光、「27時間テレビ」惨敗の“戦犯扱い”の裏で意識していた「使命感」とは?

太田光、「27時間テレビ」惨敗の“戦犯扱い”の裏で意識していた「使命感」とは?

 11月2〜3日に放送された「FNS27時間テレビ〜にほんのスポーツは強いっ!〜」(フジテレビ系)の平均視聴率が5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で歴代最低視聴率を更新したことがわかった。(瞬間最高視聴率は3日夜のアニメ「サザエさん」12.8%)。

 総合司会をビートたけし、関ジャニ∞・村上信五がキャプテンを担当し、3年ぶりに生放送メインで構成。ところが、撮り直しのできないことが裏目に出て、超悲惨な結果を招いてしまった。

 昨年の7.3%をぐんと下回る数字には、来年の東京五輪を前にスポーツを取り上げた安易な企画構成、「番組クラッシャー」と化したかのような爆笑問題の太田光の破天荒なふるまいも無関係ではないだろう。

「フジテレビの社長が番組出演するなど社をあげて社員総出で全力投球の構えだったが、視聴者には響かなかったようです。11月4日放送のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』で、パーソナリティーの高田文夫が、系列のニッポン放送系にもかかわらずバッサリ斬っていましたね。27時間テレビ内の『さんまのお笑い向上委員会』に出演した太田を取り上げ、気の毒なくらいすべりまくっていたと同情。吉本興業の芸人に投げ飛ばされたり、首絞められたりやられ放題で、『かわいそう』を連発。先輩芸人をいたわってやれと苦言を呈したほどでした」(ネットライター)

 11月5日放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ系)でパーソナリティーの太田が当時の状況を詳細に語った。それによると、やることなすことすべて空回りする状況が展開。ピエロの格好をしたのはいいが、顔に描いた「リーチ一発マイケル」の文字は読めない、顔の白塗りを共演者の衣装にベッタリつけてしまう。吉本の若手芸人に本気で絞められ、冠番組を台無しにされたさんまも怒髪天状態で、何をしても褒めてくれた仏の関根勤には真顔でこんこんと説教され、空気を読むMC名人の今田耕司に袖を引っ張られて行動を制限される…。そんなこんなで太田自慢のギャグは不発、毒舌は空回り、場の寒さに客席が静まり返る地獄を味わったそうだ。

「太田はあれだけすべりまくった場を笑いの天才、さんまが持ち直したとゴマをすっていたが、番組を目もあてられないカオスにしてしまったのが太田、という印象は否めません。不祥事続きの吉本興業をいじりまくる使命を『自分がやらなければ誰がやる』とばかりに意識していたのかもしれませんが、現場の芸人はみな必死な感じで、見ていて笑うどころか、商売とはいえ、どちらもかわいそうになりましたよ」(芸能ライター)

 太田は「さんまのお笑い向上委員会」のレギュラー出演を狙っているというが、ちょっと難しそうだ。

(塩勢知央)

関連記事(外部サイト)