松本伊代が作った朝食が「目玉焼きだけ」暴露にヒロミの好感度が爆上がり!

松本伊代が作った朝食が「目玉焼きだけ」暴露にヒロミの好感度が爆上がり!

松本伊代が作った朝食が「目玉焼きだけ」暴露にヒロミの好感度が爆上がり!

11月12日、ヒロミがMCを務める「火曜サプライズ」(日本テレビ系)に出演した、ナインティナインの岡村隆史が明かしたエピソードに、ヒロミの株が爆上がりしている。

 岡村はそこで、ヒロミの別荘を訪ねた際の様子を話し、「ほったらかしにされんのよ。全然かまってくれへんし」と、ヒロミが相手にしてくれなかったことをグチったが、結局は、そのまま宿泊することになったという。

「早朝にカヤックを楽しみ、その後、ヒロミの妻である松本伊代に朝食について『卵料理でいいよね』と言われ、『オムレツ、スクランブルエッグ、温泉卵とか色々出てくんのかな』と、ヒロミの奥さん、しかも伊代が作る朝ごはんにワクワクしながら待っていると、出てきたのは単なる“目玉焼き”だけだったという。見事なまでの裏切りに面食らったといいます」(テレビウオッチャー)

 するとヒロミは、そんな伊代について「『料理でいいよね』って聞くところがスゴいんだよね。色々レパートリーがある風に聞こえるんだけど…」とフォロー。これにネット上では《ヒロミって優しい》《仲良くて羨ましい》など、ヒロミへの絶賛が相次いだのだ。

「ヒロミは10月に『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演した際、伊代の作る朝食を紹介し、やはり、ご飯にしらす、目玉焼きに味噌汁という至ってシンプルなもので、しかもこれが26年間変わらないと言ってましたからね。伊代の料理に関しては、その目玉焼きについても蒸すための水分が多すぎて水に浮いた状態で出てくるとか、チャーハンに天かすを入れる、野菜炒めは味付けし過ぎてべちゃべちゃなど、トンデモ話がヒロミと伊代の双方から明かされていますが、ヒロミは傷つくような文句は何一つ言わず、食べているようです。2人が1993年に結婚した後、ヒロミが約10年間にわたり干され続けていた間、伊代もグチを言わずともに支え合ってきたという。そうした経緯が、ヒロミの優しさにつながっているのでしょう」(芸能記者)

 いつまでもお幸せに!

関連記事(外部サイト)