ガッキーは生きたコオロギを味見した!(3)/美人女優の「熱狂趣味」図鑑

ガッキーは生きたコオロギを味見した!(3)/美人女優の「熱狂趣味」図鑑

ガッキーは生きたコオロギを味見した!(3)/美人女優の「熱狂趣味」図鑑

 いつの間にやら新垣結衣(31)も、特殊な趣味にハマっていたようだ。民放局関係者が明かす。

「以前からインタビューなどで『爬虫類マニア』を公言していて『自宅でヒョウモントカゲモドキを飼育している』と公言していますが、最近ではヒョウモントカゲモドキの餌であるコオロギに興味津々なんですよ」

 なんでも、業者からコオロギを購入するだけでなく、彼女自身がコオロギ養殖にチャレンジするまでにハマり込んでいるという。

「本人いわく『コオロギもよく見るとかわいい』とのことで、親しいスタッフや共演者にコオロギの魅力を説いているんです。また、ヒョウモントカゲモドキがコオロギを食べているのを見て『おいしそう』と思うようになり、『生きたコオロギを味見したこともある』と衝撃的な『踊り食い』告白さえしたそうです」(民放局関係者)

 ちなみに、コオロギは栄養価が高いことで知られているが…。

 10月末に瀬戸康史との熱愛が発覚した山本美月(28)は、芸能界屈指のオタク気質の持ち主だった。

「幼少期から現在までフィギュアや漫画、ゲームにどっぷりと浸っていて、極度のオタクであることを公言していましたが、最近、オタクならではの恥ずかしい秘密を親しい関係者に漏らしている。これが、とんでもない汚部屋だというんです。あまりに物が多すぎ、床には本やフィギュアだけでなく育てている食虫植物までがゴチャゴチャになって敷き詰められているといいます。想像しただけでゾッとする光景ですよ」(女性誌編集者)

 彼女のライフスタイルが瀬戸との交際に支障を来すのでは、との危惧の声まで出ている。

「オフの日には睡眠時間のすべてをゲームに費やすことも珍しくない山本に、はたしてサッカーが趣味の瀬戸がついていけるのか…。先日、瀬戸が山本の自宅に5連泊したと報じられましたが、床に散乱した食虫植物は平気だったのか、心配でなりません」(女性誌編集者)

 現在2本の出演映画「蜜蜂と遠雷」(東宝)、「ひとよ」(日活)が公開中の松岡茉優(24)にも、彼女の心を捉えて離さないものがあった。とにかく納豆三昧なのだ。

「納豆の魅力にハマった松岡は最近、『ネバネバした食感が恋しい』『納豆を一日中食べていたい』とまで言うようになったんです。常時、自宅の冷蔵庫に大量の納豆を詰め込んでいて、納豆ばかり食べている。現場でもスキあらば納豆を食べているので、監督や共演者から『納豆臭い』とイジられているんですよ」(映画関係者)

 熱狂的にハマっている専門的な趣味の数々が、美女たちの演技の幅をもっと広げていけばいいのだが…。

関連記事(外部サイト)